定期保険とは

定期保険の意味・解説

 

定期保険とは

定期保険は一般的に解約返戻金の無い、満期(←何歳までとか、何年間など生命保険の保障期限)がある保険です。

契約期間が終身では無くて、10年間有効とか60歳まで有効とかの限りがある。

保険を途中で解約しても、保険契約が終了してもお金は一円も戻らないか、ほとんど戻らない。

解約返戻金が無いということは、掛け捨て、つまり解約しても戻るお金は無いということになります。

 

掛け捨てということで、毎月の保険料は他の死亡保険
(保険がかかっている人に万一のことがあった場合に保険金が支払われる生命保険。この場合は終身保険)
よりも、大変安くなっています。

 

以前は解約返戻金のある定期保険商品も多数あったのですが、支払総額に比べたいした解約返戻金が期待できないほど少ないならば、いっそのこと低解約保険=解約返戻金をゼロにしてでも、更に毎月の保険料を安くできないか、というニーズのもと最近の定期保険は「解約返戻金無し定期保険」が多数を占めているのです。

 

相談実績100万件以上! 保険相談左ほけんの窓口

若い世代にお得な定期保険

では、どういったニーズに対し有効なのかといいますと、毎月の生活費をたとえ数百円でも節約したいといった子育て世代、或いはこのご時世ですから収入の増加が見込めない、しかし支出が少しずつ増えている傾向がみられる…大きな保障は欲しいが保険料ばかりお金を掛けられないといった人達にとってはお得な保険といえるでしょう。

 

この保険のメリットは何と言っても大きな保障の割に格安な保険料です。
特徴は満期ごと(例えば10年毎)に更新があることです。
満期に一度保険の有効期限が切れることになりますが、保険料は満期ごとに自動的に更新、つまり満期が来ても解約しない限り、自動で定期保険の保障は更新され継続します。
保険料は満期・更新時の年齢に応じた保険料に値上げされることになっています。

 

定期保険の問題は更新ごとに保険料が上がるということです。
例えば30歳加入、10年更新の定期保険が40歳で更新となった場合、当然40歳の方が死亡率が高くなるわけですから保険料が上がるというわけです。
それでも終身保険などと比べて格段に保険料は安いのです。

 

ちなみに
終身まで保障してくれるけど保険料が高い終身保険
終身まで保障しないけど保険料が安い定期保険
と覚えるとわかりやすいでしょう。

 

満期・更新時に健康上に問題があっても、契約上は最初の加入時の健康状態が維持されたまま更新されますので「更新時の不健康」による「保険料値上げ」の心配はありません。

 

保険選び 万が一があっても家族は大丈夫ですか?

保障の充実も、保険料の減額もお任せ

提案がイマイチなら気軽に断れます

強引な営業はありません。ほけんの窓口

保険相談は、何度でも無料です!

 


当サイトの訪問数Best5 !

 


第一位桃

訪問数 第一位
赤小矢印ジブラルタ生命

なぜかこのサイトは外資系が人気のようです。ジブラルタ生命の結構衝撃的な数字の話、家族収入や人気のドル建て保険についても解説しています。

 


第二位桃

訪問数 第二位
赤小矢印保険の見直し方・選び方

結婚しても保険を見直す必要は無いかもしれません。ですが家族が増えたら、万一の後に遺された子供が進学できないことが無いように、しっかり見直しましょう。

 


第三位桃

訪問数 第三位
赤小矢印保険無料相談ランキング

保険の無料相談をランキングしました。このページが急浮上した理由は、管理人が実際に保険相談した体験談を書いたことがお役に立っているのでしょう。

 


第四位桃

訪問数 第四位
赤小矢印メットライフ生命

メットライフ生命はダントツの安さが期待できる「スーパー割引定期保険」が有名です。他にも保険商品を解説しています。

 


第五位桃

訪問数 第五位
赤小矢印マニュライフ生命

このサイトでマニュライフ生命は大分人気があるのです。収入保障保険や非喫煙者保険料率の終身保険、外貨建て保険など、多彩な商品が人気の秘密だと思います。