生命保険会社とは

生命保険保険会社とは


保険会社とは

保険会社はたくさんの人から集めた保険料を蓄財して、誰かの為の万一の為にまとめて支払ってくれる会社と言えば良いでしょうか。よく言う「相互扶助」ですね。

保険会社は大きく分けて生命保険会社と損害保険会社がありまして
生命保険会社保障をする会社
損害保険会社は補償をする会社です
↑若い人が言う「意味わかんなくね?」ですよね。

生命保険会社は保障します
生命保険会社でいう「保障」はある事象(事故)に対して事前に契約した金額を支払うこと。と言う意味合いなりそうです。

例えば
保険が掛かっている人(被保険者)が死亡すると、あらかじめ契約されていた死亡保険金5,000万円を、生命保険会社が支払う。
被保険者がガンと診断確定されたら、生命保険会社はガン給付金100万円を被保険者であり、契約者であり、給付金受取人である本人に支払う
こんな感じです。

損害保険会社は補償します
損害保険で言う「補償」は、ある事故に対して、事前に契約した金額の範囲内で、それ相応の金額を相手方に支払うことで保険加入者と事故の被害者を守るという意味合いでしょうか
自動車保険など、保険加入者が運転する車がが、信号待ちで完全に止まっている車に追突した場合、相手の車の修理費だけを支払うと同時に、保険加入者が車両保険に加入していれば保険加入者の車の修理費を、保険金上限内で査定に基づいた金額を支払う
こんな感じでしょうか。

生保損保のゆるいまとめ
生命保険会社の場合、ガンが発見されて治療が終わるまで例えば八万円で済んだとしても、悪性腫瘍が確定されたことが証明さた時点でば「契約した100万円」を支払います。
損害保険会社の場合、「その損害に見合った金額」を後払いします。
こんな違いがあります。

保険会社は金融機関なんです。
生命保険会社、損害保険会社、銀行、証券会社は広義の四大金融機関です。保険会社が金融機関?って感じしないですねぇ。
狭義だと預貯金を取り扱う金融機関だけだそうですが、広義には保険会社や証券会社を含むのだそうです。
そう言えば、ある生命保険会社の保険商品は「アカウント」というものがあり、保険料の一部を為続けることができ、後に自由に現金を引き出すことができました。今はそういった保険商品は販売されていないと思います。

保険選び 保険探し難しいし、結構辛い!と思ったら

無料で保険の専門家に頼っちゃいましょう

ほけんの窓口 は何回でも相談無料

キッズコーナー・授乳スペースもあります

お店の空き状況は簡単に確認できます

いろいろな生命保険会社の総称

国内生保
まず、四大大手と言われるのが日本生命、明治安田生命、第一生命、住友生命です。
他の大手で漢字だけの会社名の生命保険会社(朝日生命、大同生命、太陽生命、富国生命、三井生命)も一緒に「漢字生保」と呼ばれることもあります。

他の日本社の生命保険会社は全部または一部がひらがなやカタカナなので「かな生保」と言ったりします。ネット生保、通販系生保、元々損保の子会社で始まった生命保険会社は「損保系生保」と呼ばれることもあるようです。

外資系生保
残りが外資系ですが、外資系は破綻した日本の生命保険会社を買い取って外資系として再出発した保険会社が数社あります。
有名なのがジブラルタ生命でしょう。元々協栄生命という日本の生命保険会社でしたがバブルの影響で破綻し、後にジブラルタ生命として再出発し、その後旧東邦生命だったエジソン生命と旧千代田生命だったスター生命を吸収合併するという、凄い勢いを見せています。

生命保険会社の機能

保障だけでは無いぞ!貯金も凄いぞ!

大きな保障を得られる
ところで、生命保険会社は、なぜ、少ないお金で大きな保障ができるのでしょうか?

生命保険は
1.被保険者の年齢・健康状態などが保険加入の条件を満たしている
2不備の無い契約書類が通過した
3第一回目の保険料または保険料全額が完納された
この三条件が揃えば保険契約が成立します。

保険契約が成立すれば、例えは死亡保険の場合契約の翌日に被保険者が不慮の事故で他界しても保険金を支払います。
不謹慎ですが、例えば第一回目の保険料が一万円くらいなのに、翌日不幸にも被保険者が事故に巻き込まれて死亡し、保険金受取人に三千万円が入金したなんてこともあると思います。
まぁ、この場合は話ができすぎて厳密な調査が入ると思いますが、この事故が例えば偶然で突発的で人的関連などが無い、外来の事故なら保険金が出るでしょう。

保険料を集める・運用する
話がズレましたが
1..生命保険会社は、多数の保険契約者(保険を契約してお金を払う人=保険を買った人)から集めた保険料を本人(←契約者と被保険者が同じ場合)または他の被保険者人の死亡保険金や給付金に使うことができます。
2..また、集めた保険料は、円貨の保険については主に国内公社債で運用します。外貨建て保険の場合、海外公社債や海外株式なども使うそうです。
超カンタンに言うと、この二つの保険料の使い他と運用方法により、少ない掛け金でも大きな保障を得ることができるのです。

性格悪いですが
3.例えば定期保険などで保険期間中に死亡保険金などを支払うことが無ければ、保険契約者が払った保険料は全額保険会社に入金される
というのも、保険会社の原資になっているような気がします。

保障だけでは無い、貯蓄もできる
生命保険会社は金融機関であり、集めた保険料を運用していますが
終身保険、養老保険、(個人)年金保険、学資保険などの「貯蓄性のある生命保険」つまり解約したら解約返戻金や満期保険金がもらえる生命保険は、保険料の運用効果があるからこそ成り立つ保険商品です。
もしかしたらお金が残る生命保険はもっとあるかもしれませ。br /> 円貨の終身保険は生涯保障を目的にすることが多いのでそんなに気にならないかもしれませんが、円貨の養老保険、(個人)年金保険、学資保険はマイナス金利の影響で「下火」です。特に養老保険は販売停止状態になっている生命保険会社があると思います。

外貨建て保険が流行りだしている
ということで、最近は終身保険、養老保険、(個人)年金保険、学資保険について、予定金利が高い外貨建て保険で販売する生命保険会社が増えてきました。
学資保険は外貨建てが無いので、外貨建ての終身保険を学資保険の代わりにしているようです。
外貨建養老保険などは数百万円の高額保険料一時払いの商品が目立ちますが、保険契約後10年ほどで一時払い保険料の1.5倍になる(かもしれない)保険商品も存在するほどです。

保険選び この会社の保険、家族に合ってるかな?

と思ったら、ほけんの窓口 で無料相談

専門家が約35社から意向に沿って絞り込み

予約は簡単!無理な勧誘はありません

もちろん、保険相談は何度でも無料です