おすすめ 最適 生命保険

おすすめ保険がおすすめではない?


おすすめ生命保険は怪しいかも
おすすめの生命保険は何ですか?という質問をネットでよく見かけますし、保険のいろいろなサイトでおすすめの保険特集みたいなものを見かけますが
例えば「定期保険ランキング」の首位になった保険が、本当におすすめ定期保険であるかどうかというのは、わからないのです。

生命保険選びと家電選びは似ている
例えば冷蔵庫を選ぶとき、家電量販店に置いてあるベスト3の冷蔵庫のがあなたの家庭にぴったりなのか、わかりませんよね。
まず、値段、冷蔵庫の色、冷蔵庫の質感、扉の開き(右開き、左開き、観音開き)、容量(容積)、幅、奥行き、高さ、メーカーの好み、メーカーの信頼度 などを確認しますよね?
その背景には、家族の人数、子供の年齢、設置場所の幅・奥行き・高さなどの条件、家の中の冷蔵庫の運搬経路にある障害物などの条件、メーカーの信頼性から冷蔵庫の耐久性や保証制度の信頼性などの細かい前提条件があります。

近年の流行や傾向も加味
もっと細かいことをいえば、最近の一戸建てなどは二階キッチンが多くなっているので、玄関から冷蔵庫を入れて階段を上げて台所まで持って行くのに、玄関幅、廊下幅、階段幅、中折れ階段で冷蔵庫を動かせるかどうかなどの条件も絡んできます。
冷蔵庫を玄関→廊下→階段と運び込むのが無理なら、二階の窓から冷蔵庫を入れるために、クレーン付きトラック料金が別途必要になります。

おすすめ商品がおすすめとは限らない
そういった細かい条件を、冷蔵庫売り場の販売員と相談しながら決めると失敗が少ないのです。
そうやって細かい前提から考えて選んだ冷蔵庫は、家電量販店がおすすめするベスト3の冷蔵庫でなくても、通販よりも高い値段で冷蔵庫を買ったとしても凄く満足できるので、その冷蔵庫と販売店を知人友人にお勧めするということもあるでしょう。
前提条件を考えた保険こそがおすすめ
一方、通販で冷蔵庫を買うと、置き場所のサイズの条件は満たしているのに玄関が狭くてキッチンまで運べなかった、キッチンの扉が狭すぎて断念、実物を見たら色あいが違うので返品したくなった。などのトラブルが発生しがちだそうです。

冷蔵庫の話が長くなりましたが生命保険も同じで、おすすめできる生命保険は、独身か子持ちか、もうすぐ子供が全員自立するか、毎月払える保険料、保険会社の信頼度を考えて通販保険は避けたいなどの条件を考えると
必ずしも人気保険ランキングを賑わしている生命保険が、おすすめの生命保険とは限りません
冷蔵庫と同じで、いろいろな条件を加味してあなたとあなたの家族の将来に合った保険こそがおすすめ保険を超えた「最適」の生命保険といえるでしょう。

保険選び 保険料もう少し安くなれ!と思いませんか

今後の必要額をシミュレーションして

希望を聞いて約35社から絞り込くでくれます

もちろん保険の相談は何度でも無料

便利な ほけんの窓口 の店舗探しは超簡単

遺された家族に役に立つかどうかが問題

必要保障額と保険金額
ここでは死亡保険について書いていきましょう。
何を基準に最適な保険を選べばいいのか?具体的に最適の保険といえる根拠は何か?という話になると思います。
答えを先にいえば、死亡保険については「必要保障額」を満たせる保険金額といえるでしょう。

必要保障額とは
必要保障額を簡単に説明すると
末の子供が社会人になるまでの学費と生活費を十分まかなえる金額です。

例えば末の子供が0歳なら、最悪明日ご主人に万が一があったとして、ご主人の死後末の子が社会人になるまでの22年間の、遺された家族の生活費と子供の人数分の大学卒業までの学費が必要保障額です。

必要保障額の計算
凄く簡単に数字で説明すると
例えば子供が0歳、2歳、4歳と夫婦の五人家族でご主人に万が一があった場合
ご主人を除いた四人の生活費が毎月30万円として
30万円×12ヶ月×22年=7,920万円

学費は一人について塾・習い事・保育園から大学卒業まで一人1,000万円が三人分で3,000万円

合計1億920万円が必要です。これが現在の必要保障額です。

設定すべき保険金額
ですがこの保険金額の生命保険に入ればいいというのではなく、現在の貯金、学資保険の満期保険金、死亡退職金
そして遺族年金や児童扶養手当(母子手当)、児童育成手当などの公的支援制度から支給される金額を引いた金額が、必要な死亡保険金額になります。
ここでは公的支援から約2,500万円が支給されるとしましょう。
必要保障額1億920万円−死亡退職金500万円−現在の貯金200万円−学資保険の満期保険金総額600万円−公的支援の支給額総額2,500万円=設定すべき死亡保険金額7,120万円になります。

最適の保険は試算と共に
この必要保障額と設定すべき死亡保険金額を決めてから、「最適の保険」が絞られてきます。
定期保険で7,120万円の死亡保険金を設定しても、子供が中学を卒業したあたりから高すぎる保険金のための保険料がムダになりますので、収入保障保険や少額保険金の定期保険との組み合わせがおすすめでしょう。

こんな感じで、必要保障額と設定すべき保険金が決まれば、あとは定期保険・収入保障保険・終身保険などの保険種と保険金、保険料のシミュレーションをすればいいので、最適な生命保険が絞られます。

冷蔵庫選びの本当の失敗
保険金が足りなかった=冷蔵庫の容量を間違えた
また冷蔵庫と生命保険の話ですが、冷蔵庫買い換えに失敗したぁ〜・・・と後悔するのはどんなときでしょうか。
まともに冷えなかったときと、思っていたよりも小さくて容量を見誤ったときではないでしょうか。大量に買った生鮮食品が冷蔵庫に入りきらなかったときは、どうすればいいか困ってしまいます。

生命保険選びの悔やみきれない失敗
では遺族に合わない保険を選んでしまったとき、どうなってしまうのでしょうか。
例えば定期保険で後悔するときはどんなときでしょうか。
一つが万が一があった後、保険金が足りなくて、遺された妻がバイトを三種類掛け持って働かなければらないとか、子供が生活費のためにせっかくの夢を諦めて進学せず働くことになったときでしょう。
もしご主人にかけられていた定期保険の死亡保険金が足りなかったとしたら、ご主人は別の世界で悔い続けるかもしれません。

もう一つが、保険の専門家に必要保障額と保険金不足を指摘されたときかもしれません。ですがグロい話、死んでから後悔するよりマシです。
冷蔵庫選びと同様、諸条件を出る竹詳細に考え、シミュレーションし必要保障額を算出して、おすすめの保険を取捨選択してみましょう。

保険選び 家族が増えたら保障を確認しましょう

お子さん連れでも安心のキッズスペース

無理に保険を勧めることも無いので

近くのほけんの窓口 で気軽に相談できます

店舗検索簡単、保険相談は何回でも無料