生命保険会社 ランキング

生命保険会社ランキング ベスト33

第1位

第1位 
明治安田生命

 


このサイトで二年連続の総合1位!です。
注目すべき点は、グラフの★印を見るとわかりやすいのですが、経常収益が第4位、保険料等収入は第3位など、各項目で最高位になっている項目が無いことです。 ソルベンシー・マージン比率は19位ですが、他の全ての項目が、第2位から第4位になっています。

平成30年夏発表のディスクロージャー資料の
平成29年決算によると
ソルベンシー・マージン比率:937.9%
経常収益:3,710,171百万円→約3兆7,101億円
保険料等収入:2,719,469百万円→約2兆7,194億円
経常:368,360百万円→約3,683億円
利益率:約9.93%

明治安田生命のランキング


保険ランキング詳細へ明治安田生命の評判・保険の解説はこちら



2位

第2位 
かんぽ生命

 

前年度総合3位でしたが今年度は総合2位に浮上しました。

前年度より約8%ほど落ちて7兆円台になった経常収益は今年度も文句なしの第一位です。
ですが、明治安田生命を抜けなかった要因は、かんぽ生命の経常利益額と経常利益率が他社よりいまひとつ良くないことが大きいです。

ソルベンシー・マージン比率:1,130.5%
経常収益:7,952,949百万円→約7兆9,529億円
保険料等収入:4,236,461百万円→約4兆2,364億円
経常:308,8457百万円→約3,088億円
利益率:約3.88%

かんぽ生命のランキング


保険ランキング詳細へかんぽ生命の評判・保険の解説はこちら



3位

第3位
日本生命

 

二年連続で総合1位を逃しています。
保険料等収入は前期比で3%少々の減少でしたが、それでも二年ぶりにかんぽ生命の保険料等収入を追い抜きました

と言うことは日本一の保険料等収入になり経常利益額も日本一なのに、おしい気がします。

ソルベンシー・マージン比率:917.9%
経常収益:6,338,509百万円→約6兆3,385億円
保険料等収入:4,488,421百万円→約4兆4,884億円
経常:410,461百万円→約4,104億円
利益率:約6.48%

日本生命のランキング


保険ランキング詳細へ日本生命の評判・保険の解説はこちら



4位

第4位
アフラック

 

今期の経常利益率が14.91%!という凄い数値を出しました。総合順位で日本生命を抜きそうでしたが、極僅差で負けての第4位です。

アフラックで忘れていけないのは損益計算書の「本社送金」という項目で、今期は約1,313億円と、前期の約1,448億円に匹敵する凄い仕送り額です。

ソルベンシー・マージン比率:1,030.0%
経常収益:1,734,273百万円→約1兆7,342億円
保険料等収入:1,443,977百万円→約1兆4,439億円
経常258,504百万円→約2,585億円
利益率:約14.91%

アフラックのランキング


保険ランキング詳細へアフラックの評判・保険の解説はこちら



キッズコーナー・授乳スペースもあります

ほけんの窓口



5位

第5位
第一生命

 

四大生保のうち三社目がランクインです。

ソルベンシー・マージン比率は881.8%ですが、あと8%大きければ総合4位になれたでしょう。
アフラックと僅差で負けていますが、もう少し全体的に数字を改善できれば、総合順位でアフラックも日本生命も抜かせたかもしれません。

ソルベンシー・マージン比率:881.8%
経常収益:3,791,933百万円→約3兆7,919億円
保険料等収入:2,321,998百万円→約2兆3,219億円
経常:358,863百万円→約3,588億円
利益率:約9.46%

第一生命のランキング


保険ランキング詳細へ第一生命の評判・保険の解説はこちら



万一があっても家族を守れる保障ですか?

専門家が丁寧にアドバイスしてくれます

家族の安心を叶える、しっかりしたプラン

キッズコーナー・授乳スペースもあります

保険の相談は何回でも無料です

ほけんの窓口


第6位

第6位
住友生命

 

保険料等収入が前期3兆3,154億円から今期2兆5,085億円と、24%以上も下落しています。
ソルベンシー・マージン比率が前期826.9%から大幅に上がり、今期は873.6%と、50%近く改善したのですが、総合順位上昇にはらならず、総合順位が変わりませんでした。

住友生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率:873.6%
経常収益:3,400,872百万円→約3兆4,008億円
保険料等収入:2,508,579百万円→約2兆5,085億円
経常:229,933百万円→約2,299億円
利益率:約6.76%

保険ランキング詳細へ住友生命の評判・保険の解説はこちら



第7位

第7位
ジブラルタ生命

 

経常収益が4%程増えています。保険料等収入が微減したものの一兆円台を保持、経常利益額が前期比12%以上増えています。
保険料等収入も経常収益も住友生命より下位になり、その差をソルベンシー・マージン比率と経常利益率の高さで埋めたのですが、利益額の点数差で負けました。

ジブラルタ生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率:889.1%
経常収益:1,556,923百万円→約1兆5,569億円
保険料等収入:1,117,904百万円→約1兆1,179億円
経常:145,472百万円→約1,454億円
利益率:約9.34%

保険ランキング詳細へジブラルタ生命の評判・保険の解説はこちら



第8位

第8位
ソニー生命

 

ソニー生命は経常収益も保険料等収入も前期より上がり、保険料等収入は10%以上も伸ばしていますが経常利益額がちょっと落ちて経常利益率も下落しました。
ソルベンシー・マージン比率は今期2,600%台になりましたが、元々の数値が高いので微増程度となり、総合順位く影響しませんでした。

ソニー生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率:2,624.3%
経常収益:1,351,076百万円→約1兆3,510億円
保険料等収入:1,059,269百万円→約1兆5292億円
経常:56,338百万円→約563億円
利益率:約4.17%

保険ランキング詳細へソニー生命の評判・保険の解説はこちら



第9位

第9位
大同生命

 

経常収益も保険料等収入も総合20位台のマニュライフ生命よりも少ないのですが、程良い経常利益額を出すので経常利益率が高めになっています。
また、ソルベンシー・マージン比率が1,200%台で前期より微減ですが、それでも漢字生保と言われる大手と中堅生保の中では最高の比率になっているのも、総合ランキング高順位の要因です。

大同生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率1,206.2%
経常収益:988,070百万円→約9,880億円
保険料等収入790,852百万円約7,908億円
経常:89,397百万円→約893億円
利益率約9.05%

保険ランキング詳細へ大同生命の評判・保険の解説はこちら



第10位

第10位
メットライフ生命

 

保険料等収入は、前々期(1兆6,313億円)から40%以上も上がって前期2兆2,857億円になりましたが、今期はそこから約22%も落ちて1兆7,867億円になりました。
この売上減が足を引っ張って総合ランキングが大きく落ちるところでしたが、経常利益率が良くなり点数を稼ぎました

メットライフ生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率:889.0%
経常収益:2,207,211百万円→約2兆2,072億円
保険料等収入:1,786,773百万円→約1兆7,867億円
経常:110,306百万円→約1,103億円
利益率:約5.00%

保険ランキング詳細へメットライフ生命の評判・保険の解説はこちら



保険会社ランキング項目の解説 ランキング項目の解説

ソルベンシー・
マージン比率
通常予想できないリスクに対する保険金支払い余裕度合いの指標
経常収益保険料等収入と、その他の売上全部。保険会社全体の売上
保険料等収入保険会社の保険料だけの売上高
経常当期純利益の前に表示される、事業の善し悪しを表すとも言える利益
利益率経常利益を経常収益で割った数値


更新はありませんか?値上がりませんか?

ゆったりした暮らしを叶える理想的なプラン

奥様にごほうびをあげちゃいましょう!

生保も損保も保険相談は何度でも無料です

ほけんの窓口


第11位

第11位
三井生命(現:大樹生命)

 

新元号「令和」が発表された日、平成31年4月1日に社名を三井生命から大樹生命に変更しました。
よってこのランキングで使われている数値は全て三井生命時代の物です。

前期比で、経常収益は約24%、保険料等収入は36%、経常利益額は前期比で約30%も増えています。
ここまでの三項目が伸びると経常利益率が落ちることが多いのですが、今期の三井生命は利益率が7.49%から7.86%に上がっています。
また、ソルベンシー・マージン比率は900%台から1,000%台に推移し、三井生命は5種目の比較項目が全て前期よりも伸びているという凄い結果を出しました。


ソルベンシー・マージン比率1,068.7%
経常収益:959,438百万円→約9,594億円
保険料等収入694,530百万円約6,945億円
経常:75,406百万円→約754億円
利益率約7.86%

大樹生命のランキング


保険ランキング詳細へ大樹生命の評判・保険の解説はこちら



第12位

第12位
富国生命

 

前期の総合ランキングは14位なので2ランク上昇です。
前期比で
経常収益:微増
保険料等収入:微減
経常利益と経常利益率:増えた
ソルベンシー・マージン比率:結構落ちたけど1,000%台。
となりました。
売上関係は堅調、利益額と利益率は好調、S・M比率は前期よりちょっと不調ですが好位置に付いています。

ソルベンシー・マージン比率:1,081.2%
経常収益:749,706百万円→約7,497億円
保険料等収入:567,210百万円→約5,672億円
経常:56,469百万円→約564億円
利益率:約7.53%

富国生命のランキング


保険ランキング詳細へ富国生命の評判・保険の解説はこちら



第13位

第13位
あんしん生命

 

ソルベンシー・マージン比率は2,869.7%→2,348.1%と落ちても、他社からすれば2,000%台は脅威的な数値です。
経常収益は前期比約8%増額で今期も1兆円台を保持、上位の富国生命よりも3,300億円以上経常収益が多くなっています。
保険料等収入は5%弱の増額、経常利益額は前期比で約32%という驚異の伸び!経常利益額が30%以上増さらに利益率も大幅改善です。

ソルベンシー・マージン比率2348.1%
経常収益1,085,446百万円約1兆854億円
保険料等収入908,192百万円約9,081億円
経常:23,061百万円→約230億円
利益率約2.12%

あんしん生命のランキング


保険ランキング詳細へあんしん生命の評判・保険の解説はこちら



第14位

第14位
第一フロンティア生命

 

前期の総合15位から1コ上がりました。相変わらず33社中最低のソルベンシー・マージン比率ですが、この比率は200%以上あれば不安にならなくてもよい数値です。

経常収益は前期比約53%増!、保険料等収入は前期比で62%以上の増額!と強烈な伸びを記録しているので、本来はもっと上位を狙えるはずです。
元々小さめの経常利益率と、S・M比率が原因になりました。来期に期待しましょう。

ソルベンシー・マージン比率:574.5%
経常収益:1,809,449百万円→約1兆8,094億円
保険料等収入:1,607,943百万円→約1兆6,079億円
経常:60,849百万円→約608億円
利益率:約3.36%

第一フロンティア生命のランキング


保険ランキング詳細へ第一フロンティア生命の評判・
保険の解説はこちら



第15位

第15位
オリックス生命

 

12ランク上昇!前期は赤字だったのもあって27位でした。
経常収益:約20.25%増
保険料等収入:約14%増
経常利益額:約273%増
利益率−6.43%→ +9.28%
ソルベンシー・マージン比率:1,337.1%→1,566.6%
と、5種類の評価項目が全て増えています

ソルベンシー・マージン比率1,566.6%
経常収益:457,335百万円→約4,573億円
保険料等収入:304,678百万円約3,046億円
経常:42,435百万円→約424億円
利益率:約9.28%

オリックス生命のランキング


保険ランキング詳細へオリックス生命の評判・保険の解説はこちら



マズイ!保険が高い!保険を変えたい!

無料で保険の専門家に頼っちゃいましょう

保険の見直しでワンランク上の暮らし

お子さんと一緒でも安心の、キッズスペース

店舗検索簡単、保険相談は何回でも無料です

ほけんの窓口


第16位

第16位
三井住友プライマリー生命

 

総合順位が5ランク落ちです。
経常収益も保険料等収入もそんなに落ちていません。むしろ微減です。
ソルベンシー・マージン比率が900%台に落ちたことは痛く、経常利益が半減したので、利益も半減したこともかなりの痛手です。

ソルベンシー・マージン比率:992.9%
経常収益:1,256,486百万円→約1兆2,564億円
保険料等収入:1,059,512百万円→約1兆595億円
経常:28,939百万円→約289億円
利益率:約2.30%

三井住友海上プライマリー生命のランキング


保険ランキング詳細へ三井住友海上プライマリー生命の
評判・保険の解説はこちら



第17位

第17位
太陽生命

 

利益額は前期約666億円に対して今期約627億円なので、総合順位に悪影響するほどの下落ではありませんでした。
一番目立つ下落は保険料等収入で、前期約8,979億円→今期約7,387億円の約22%下落、次に痛いのが経常収益で、6,543億円→約5,119億円と約18%の下落です。

ソルベンシー・マージン比率:835.1%
経常収益:738,716百万円→約7,387億円
保険料等収入:511,900百万円→約5,119億円
経常:62,790百万円→約627億円
利益率:約8.50%

太陽生命のランキング


保険ランキング詳細へ太陽生命の評判・保険の解説はこちら



第18位

第18位
ニッセイ・ウェルス生命

 

平成31年1月1日にニッセイ・ウェルス生命と商号変更してるので、マスミューチュアル生命時代の数値でランキングしています。

経常収益が約12%減、保険料等収入が約28%減とかなりきつい結果でしたが、経常利益額が約36%も増えています
これにより、経常利益額が前期約7.67%→今期約11.88%と前期比1.5倍以上となり、33社中上から2番目の利益率になりました。

ソルベンシー・マージン比率:936.5%
経常収益:367,260百万円→約3,672億円
保険料等収入:233,541百万円→約2,335億円
経常:43,642百万円→約436億円
利益率:約11.88%

マスミぃぃ生命のランキング


保険ランキング詳細へニッセイ・ウェルス生命の評判・
保険の解説はこちら



第19位

第19位
三井住友あいおい生命

 

ソルベンシー・マージン比率前期1,893.2%→今期1,726.7%と170%分の下落ですが、それ以外の四項目は全て微増で、総合順位を落下させるほどの影響はありません。
なのに2ランクも落ちた原因を考えてみたら、20位以下からオリックス生命とマスミューチュアル生命が上位に飛び込んできたことに伴った下落でした。

ソルベンシー・マージン比率:1,726.7%
経常収益:550,495百万円→約5,504億円
保険料等収入:493,748百万円→約4,937億円
経常:16,973百万円→約169億円
利益率:約3.08%

三井住友あいおい生命のランキング


保険ランキング詳細へ三井住友あいおい生命の 評判・
保険の解説はこちら



第20位

第20位
アクサ生命

 

経常収益も保険料等収入も前期比で約4%程の微減ですが、経常利益額が36%程上がっています。さらに経常収益率は5.01%→7.09%と大分増えました。
ソルベンシーマージン比率は700%台と大分低い数値ですが、200%以上あれば十分余裕のある数値です。

ソルベンシー・マージン比率780.9%
経常収益:789,737百万円→約7,897億円
保険料等収入:596,629百万円約5,966億円
経常:56,028百万円→約560億円
利益率約7.09%

アクサ生命のランキング


保険ランキング詳細へアクサ生命の評判・保険の解説はこちら



収入やライフスタイルに合った保険ですか

暮らしを圧迫しない、あなただけのプラン

専門家が無料でアドバイスしてくれます

お子さん連れでも安心のキッズスペース

生保も損保も保険相談は何度でも無料です!

ほけんの窓口


第21位

第21位
プルデンシャル生命

 

ソルベンシーマージン比率が前期872.0%→今期817.4%となっていますが、前期比で数社分下落しています。

経常収益は前期比約12%上がって1兆円台に到達しました。保険料等収入は約7%上昇、経常利益額は前期比110%以上も増えました。また、利益率は約90%の上昇です。

ソルベンシー・マージン比率817.4%
経常収益:1,020,885百万円→約1兆208億円
保険料等収入:859,096百万円約8,590億円
経常:37,435百万円→約374億円
利益率約3.67%

プルデンシャル生命のランキング


保険ランキング詳細へプルデンシャル生命の評判・保険の解説はこちら



第22位

第22位
ひまわり生命

 

経常収益は前期比で4.46%増、保険料等収入は4.52%増、経常利益はほぼ不変で、利益率が3.59%→3.41%と減っていますが、順位的に影響があるとは思えません。
ソルベンシーマージン比率は1,573.0%→1,513.1%です。

ソルベンシー・マージン比率1,513.1%
経常収益:490,791百万円→4,907約億円
保険料等収入:438,487百万円約4,384億円
経常:16,721百万円→約167億円
利益率約3.41%%

ひまわり生命のランキング


保険ランキング詳細へひまわり生命の評判・保険の解説はこちら



第23位

第23位
マニュライフ生命

 

経常収益は上昇して再び一兆円台に返り咲き、保険料等収入も前期より伸びています。ですが経常利益額が前期よりも落ちて経常利益率が約0.76%と、赤字寸前の数値になっています。
マニュライフ生命は毎回利益額が少ないんですよねぇ。すると自動的に毎期の利益率も低くなるのです。

ソルベンシー・マージン比率:841.9%
経常収益:1,101,154百万円→約1兆1,011億円
保険料等収入:944,001百万円→約9,440億円
経常:8,318百万円→約83億円
利益率:約0.76%

マニュライフ生命のランキング


保険ランキング詳細へマニュライフ生命の評判・
保険の解説はこちら



第24位

第24位
朝日生命

 

経常収益は前期比約4%の下落、保険料等収入は約0.3%上昇、経常利益額は約3.7%減りましたが、経常利益率が5.73%→5.76%と不変の範囲内です。

ソルベンシーマージン比率が742.7%→808.5%と大幅に上がってはいるのですが33社中下から数えて4番目になります。

ソルベンシー・マージン比率:808.5%
経常収益:652,225百万円→約6,522億円
保険料等収入:384,953百万円→約3,849億円
経常:37,543百万円→約375億円
利益率:約5.76%

朝日生命のランキング


保険ランキング詳細へ朝日生命の評判・保険の解説はこちら



第25位

第25位
PGF生命

 

利益率は前期約2.35%→今期約2.39%、経常収益も保険料等収入も約2%の減額で、経常利益額は約0.6%の減ですが、実際はほぼ不変と言えます。
ソルベンシーマージン比率が789.8%→829.7%と大分上昇しましたが、前回の総合順位と変化はありません。

ソルベンシー・マージン比率:829.7%
経常収益:459,252百万円→約4,592億円
保険料等収入:453,094百万円→約4,530億円
経常:10,988百万円→約109億円
利益率:約2.39%

PGF生命のランキング


保険ランキング詳細へPGF生命の評判・保険の解説はこちら



更新はありませんか?値上がりませんか?

無料で保険の専門家に頼っちゃいましょう

保険の見直しで、ワンランク上の暮らし

保険の相談は何回でも無料です

ほけんの窓口


第26位

第26位
フコクしんらい生命

 

今期初登場のフコクしんらい生命です。
経常収益は前前期約1,966億円、前期約1,002億円、今期約746億円と、かなり激しい下落を見せています。

また保険料等収入は前前期約1,707億円、前期約743億円、今期約299億円と強烈な下落で、今期は前期のほぼ6割落ちです。

フコクしんらい生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率:947.2%
経常収益:74,609百万円→約746億円
保険料等収入:29,967百万円→約299億円
経常:2,348百万円→約23億円
利益率:約3.15%

保険ランキング詳細へフコクしんらい生命の評判・
保険の解説はこちら



第27位

第27位
チューリッヒ生命

 

前期に続いて今期も赤字ですが、経常損失額が前期比で約45%改善され、経常損失率は前期が約5.87%→今期約2.43%と改善しています。
また、経常収益も保険料等収入も約3割増えているのですが、実質的な総合ランキングとしては、前回と変化無しと言えるでしょう。

チューリッヒ生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率1,23.9%
経常収益:49,206百万円→約492億円
保険料等収入:48,841百万円→約488億円
経常損失:1,197百万円→11億円
利益率-2.43%

保険ランキング詳細へチューリッヒ生命の評判・
保険の解説はこちら



第28位

第28位
ライフネット生命

 

ライフネット生命も総合順位が変わりませんでした。この総合順位あたりになると順位下落の原因に必ず赤字が含まれます。
とはいえ、ライフネット生命の今期の赤字(経常損失)は約197百万円=約1億9,700万円です。これは大きな改善で、前期の赤字額の10%未満の数字です。

ライフネット生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率2455.8%
経常収益:10,962百万円→約109億円
保険料等収入:10,616百万円→約106億円
経常損失:197百万円→1億円
利益率-1.80%

保険ランキング詳細へライフネット生命の
評判・保険の解説はこちら



第29位

第29位
ネオファースト生命

 

前期31位から2ランク上昇です。
経常収益は約47億9,800万円→約246億5,500万円という、まさに一桁増えた増収で、純増分は約413%
ソルベンシーマージン比率は7,000%台から5,000%台に落ちましたが、それでも33社中最上位です。

ネオファースト生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率5,250.4%
経常収益:24,655百万円→約246億円
保険料等収入:24,598百万円→約245億円
経常損失:8,288百万円→82億円
利益率-33.62%%

保険ランキング詳細へネオファースト生命の 評判・
保険の解説はこちら



第30位

第30位
FWD富士生命

 

前期も同じ順位でした。元々AIG富士生命でしたが、親会社がFWDグループに変わったので社名変更しています。
赤字額も赤字率も前期より抑えられています。経常収益も保険料等収入も増額しているのでもっと上昇して良いのだと思いますが、赤字額が凄く大きく、総合順位が上昇しない大きな原因になりました。

FWD富士生命のランキング


保険ランキング詳細へFWD富士生命の評判・保険の解説はこちら


第31位

第31位
メディケア生命

 

経常損失が118億円と33社中最大の赤字額で、今期は赤字が約28億円も増えています。

損失は大きいですが、ソルベンシーマージン比率は3,191.1%と33社中上から2番目なので、総合ランキングで最下位を免れることができました。


メディケア生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率3,191.1%
経常収益:31,340百万円→約313億円
保険料等収入:29,333百万円→約293億円
経常損失:11,811百万円→118億円
利益率--37.69%

保険ランキング詳細へメディケア生命の
評判・保険の解説はこちら



第32位

第32位
アクサダイレクト生命

 

経常収益・保険料等収入、経常利益率が全て33社中最下位で、経常利益は下から4番目です。
アクサダイレクト生命だけが売上2桁億円という寂しさですが、33社中上から7番目のソルベンシーマージン比率の高さで、総合ランキング最下位陥落をなんとか避けられました。

アクサダイレクト生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率1,723.2%
経常収益:4,284百万円→約42億円
保険料等収入:4,278百万円→約42億円
経常損失:3,167百万円→31億円
利益率-73.93%

保険ランキング詳細へアクサダイレクト生命の 評判・
保険の解説はこちら



第33位

第33位
楽天生命

 

残念ながら総合順位で今期の最下位になりました。

売上関連はほぼ変わりません。前期は経常「利益」約13億円だったのが、今期は経常「損失」約24億円です。
また前期は利益率4.09%のところを、今期は損失率7.43%とマズイ意味で大逆転しています。
ソルベンシーマージン比率が、前期1,262.3%→今期799.5%に落ちたのは痛いです。

楽天生命のランキング


ソルベンシー・マージン比率799.5%
経常収益:32,909百万円→約329億円
保険料等収入:32,304百万円約323億円
経常損失:2,444百万円→24億円
利益率:約-7.43%

保険ランキング詳細へ楽天生命の 評判・保険の解説はこちら



保険料もう少し安くなれ!と思いませんか

暮らしを圧迫しない、あなただけのプラン

お子さん連れでも安心のキッズスペース

生命保険も損害保険も相談できます

もちろん保険の相談は何度でも無料!

ほけんの窓口



保険会社ランキング項目の解説 ランキング項目の解説

ソルベンシー・
マージン比率
通常予想できないリスクに対する保険金支払い余裕度合いの指標
経常収益保険料等収入と、その他の売上全部。保険会社全体の売上
保険料等収入保険会社の保険料だけの売上高
経常当期純利益の前に表示される、事業の善し悪しを表すとも言える利益
利益率経常利益を経常収益で割った数値

生命保険会社のランキングを最後までご覧頂きまして、ありがとうございます。

このようなランキングは、最下位から見ると危険な保険会社ランキングになってしまいますが、そのような作成意図はありませんので、あくまで参考程度ということでご理解頂けると幸いです。
最新の保険会社の状況や保険商品の内容については、各社ウェブサイトの閲覧や保険募集人への質問等でご確認願います。


過去の生命保険会社ランキング

以前に作成した生命保険会社のランキングもあります。

●平成28年度は32社をランキングしました。
この年度はかんぽ生命が第3位、楽天生命が24位でした。 平成28年度の保険会社(32社)ランキング

●平成27年度は31社をランキングしています。
この年度はオリックス生命の順位がまだ低い時期で、ネオファースト生命などの新しい生保会社も今ほど大きくありませんでした。
平成27年度の保険会社(31社)ランキング

●ランキングに使った五項目の詳しい解説は保険会社の比較項目の説明に書いてあります。

●経常収益の33社ランキングはこちら

●保険料等収入の33社ランキングはこちら

●経常利益の33社ランキングはこちら


保険の相談は何度でも無料です

ほけんの窓口