第一生命 評判

第一生命の評判・商品解説と詳細ランキング

第一生命保険株式会社もその創業は古く、1902年に日本初めての相互会社として創立しました。2010年4月1日に、株式会社へ移行し、上場しています。


第一生命の詳細ランキング

第一生命のランキング

128.6点

総合第5位/32社


生命保険会社の総合ランキングはこちら



平成29年夏発表のディスクロージャー資料の
平成28年決算によると
ソルベンシー・マージン比率:850.5%
経常収益:3,946,774百万円→約3兆9,467億円
保険料等収入:2,547,581百万円→約2兆5,475億円
経常:281,810百万円→約2,818億円
利益率:約7.14%

総合五位の要因は?

前期ランキングは四位でしたが、今期はアフラックに押された感じで五位になりました。
例えば第一生命の経常収益(保険の売上とその他売上の合計額)はアフラックの二倍以上あります。

経常収益・保険料等収入・経常利益(額)はそれぞれの項目でアフラックの2位から3位上を維持しているのに、経常利益率(アフラックは13.14%)で大きく引き離れされました。
さらに第一生命はソルベンシー・マージン比率が前期より下がり、今期のアフラックのS・M比率に差を付けられ、総合順位下落となりました。

かつてのヒーロー第一生命

以前は第一フロンティア生命との合算の売上が日本生命を抜かしたこともありますが、前年度より保険料等収入が悪くなっています(第一生命は前年度比約11.1%減、第一フロンティア生命は前年度比約47.2%減)。
今期の大手生命保険会社は日本生命の保険料等収入が23%以上落ちるなど、大分苦戦しているように思えます。


保険選び 更新はありませんか?値上がりませんか?

保険料の相談も保障の充実もお任せ

提案がイマイチなら気軽に断れます

強引な営業はありません。ほけんの窓口の

保険相談は、何度でも無料です!

保険相談右ほけんの窓口保険相談左



桜18 ランキングに使った項目の解説

ソルベンシー・
マージン比率
通常予想できないリスクに対する保険金支払い余裕度合いの指標
保険料等収入保険会社の保険料だけの売上高
経常保険料等収入と、その他の売上全部。保険会社全体の売上
経常当期純利益の前に表示される、事業の善し悪しを表すとも言える利益
利益率経常益を経常益で割った数値

第一生命の評判

口コミサイト・相談サイトなどを見て、第一生命の評判をまとめてみました。

良い評判
良い評判 第一生命はアフターサービス第一である。
良い評判 第一生命の保険のセールスに乗ると、デ○ズニーの入園券や割引券などをもらえる。
良い評判 ブライトWAYは終身保険ベースであるので堂々人生より良くなった
良い評判 エスコートUは円貨保険の割には予定利率比較的高い貯蓄型である。

普通の評判
普通評判 噂では、かなり以前は第一生命の営業からデ○ズニーのパスポートをちょっとだけ安く入手できたが、今はできないらしい。

悪い評判
悪い評判 保険加入の話を聞きたくて呼んだ第一生命の外交員に、一緒に働きましょう!と誘われた。
悪い評判 生命保険会社のCMなのに、変なラップを使うのは不快。


保険選び 収入やライフスタイルに合った保険ですか

無料で保険の専門家に頼っちゃいましょう

ほけんの窓口は何回でも相談無料

キッズコーナー・授乳スペースもあります

お店の空き状況は簡単に確認できます

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


ジャスト

母子

平成30年三月、第一生命もついに「選べる・組み立てられる」保険を発売しました。
ジャスト」は、四分類・17の単体保険から複数を選び組み合わせて、一証券・一契約として加入することができます。また、一部の保険は単体で加入することもできます。

17種の保険は全部が主契約

他社の選べて組み立てられる保険は全ての保険が主契約ではなく特約といったものもありますが、病気・ケガや死亡に備える保険ジャストは全てが主契です。
選べて組み立てられる保険は、全てが特約とか主契約であることを気にする必要はないでしょう。

3大疾病・介護等への備え
1.定期状態定期保険(アシストワイド)
2.特定状態充実保障定期保険(アシストワイドプラス)
3.特定状態収入保障保険(インカムサポートワイド)
4.特定疾病定期保険
5.特定疾病充実保障
6.介護年金保険

●ジャスト・死亡への備え
7.定期保険
8.逓減定期保険
9.終身保険
10.養老保険
11.生存給付金付定期保険

病気・ケガへの備え(入院・手術等)
12.総合医療保険
13.生活習慣病入院保険
14.女性特定疾病入院保険

病気・ケガへの備え(特定の治療)
15.先進医療保険
16.女性特定治療保険(レディエールモア)
17.特定損傷保険

特約
・健康診断割引特約
・リビング・ニーズ特約
・指定代理請求特約

専門家が無料でアドバイス 保険相談左ほけんの窓口


以前はセット販売保険でした

日本の大手生命保険会社の主力商品と言えば、少額の保険金の終身保険に保険金が大きな定期保険と生涯保障しない医療保障をセット販売する、定期付き終身保険でした。

第一生命の以前の主力商品「ブライトWay」も、少額の終身保険を主契約としていろいろな特約を付けていたので、定期付き終身保険に相当するでしょう。
定期付き終身保険は、セット販売だけに必要な保障を選ぶ自由度が限られてしまう欠点がありました。

第一生命もやっと選べる組み合わせる保険

確か平成24年、日本生命がそれまでの定期付き終身保険を止めて、11種のばら売り保険から自由に選び組み立てることができる「みらいのカタチ」を発売して以来、大手生命保険会社が続々と定期付き終身保険を廃止し、主力商品を「選べる・組み立てられる」保険に切り替えてきました。

第一生命はこの自由選択保険という形態に、他社大手に大分遅れて参入してきたと言えるでしょう。

パッケージ契約って?

先にやたらセット販売保険と書きましたが、第一生命のジャストは、17種の保険のうち複数を選んで一枚の保険証券にした状態をパッケージ契約と呼称するようです。
パッケージ契約の逆の、17の保険のうち一つだけを単独契約した場合はパッケージ契約とは呼称しません。
う〜ん・・・ちょっと難しいですが、居酒屋風に言うと

・大手生保にあったセット販売
 刺身三点盛りとか刺身五点盛り
 あらかじめ店が決めた魚(刺身)の販売

・ジャストのパッケージ契約
 17種の刺身から複数を自由選択盛り
 客が選んだ複数の刺身を一枚の皿に盛る

・ジャストの単独契約とか単体加入
 17種のうち単品注文できる魚一種を選択
 客が選んだその一種の刺身だけを皿に盛る

こんな感じだと思いますが、わかりにくかったらすみません。


保険の相談だけでも大丈夫 保険相談左ほけんの窓口



最大の特徴・健康診断割引特約

選べる・組み立てられる保険は大手他社が先んじているので、今となっては目新しさがありません。ですが「健康診断割引特約」は大手他社に無い大きな特徴だと思います。

健康診断割引特約は17の保険のうち7種類に対応です。
「健康診断基本割引」「健康診断優良割引」の二段階があり、契約時一回のみの適用となります。

健康診断基本割引

まず健康診断基本割引は、被保険者が18歳以上であることが年齢条件で、告知日から一年二か月以内の健康診断書・人間ドック結果通知書・母子手帳などを提出すると適用されます。
適用できる7種の保険は
・特定状態定期保険(アシストワイド)
・特定状態充実保障定期保険(アシストワイドプラス)
・特定状態収入保障保険(インカムサポートワイド)
・特定疾病定期保険
・特定疾病充実保障定期保険
・定期保険
・逓減定期保険
です。

健康状態が良ければさらに割引

また健康診断優良割引は、健康診断基本割引に該当することを前提に、数値などの条件が

1.BMI:18.0以上 27.0以下
2.:最低 85mmHg未満かつ 最高 130mmHg未満
3.:(受診日時点で40歳以上の場合に必要) HbA1c 5.5%以下。HbA1cが無い場合は、血糖値100mg/dL未満

を満たした場合の適用になり、健康診断基本割引よりもさらに保険料が割り引かれます。

保険料の払い方が豊富

17種の保険のうち生涯保障ができるものは、保険料を一生涯払い続ける方法や、例えば60歳までに保険料の支払を終えるなどの保険料払込期間を選ぶ事ができますが、保険料払込期間の長短で保障内容が変わることはありません。
また、定期保障の保険または定期保障を選んだ場合は、10年満期・15年満期・20年満期、55歳満期や60歳満期などを選ぶ事ができます。

細かい注意点

単独加入できる保険は10種類で、上記17種類の内、2と5、13〜17の七種類以外の保険が単独加入可能です。
せっかく自由選択ができる保険なのに、パッケージ契約(複数)組み合わせで加入(契約)する場合、同一パッケージ契約として組み合わせ不可能な保険があるようです。
解約返戻金がある保険は9、10、11の三種です。

ライバルはコレだっ

単純に、選べて組み立てられる保険ということで羅列するなら
日本生命:みらいのカタチ(12種類から選択)
朝日生命:保険王プラス(14種類)
太陽生命:保険組曲Best(22種類)
富国生命:未来のとびら(20種類)
三井生命:大樹セレクト(4種類)
明治安田生命:ベストスタイル(22種類)
これらがライバルになるでしょう。

ですが、通販や格安対面販売の死亡保険と医療保険などを組み合わせた、あるいは単体で加入する場合と、これらの選べて組み立てられる保険の、保障内容、保険期間(保障期間)と保険料総額をシミュレーションして比較することも大切です。
もし似たような保障内容になるなら、保険料「総額」が安くなるほうが有利になるでしょう。

複数社の保険を比較すべきです

大手の保険はそのブランド性や歴史の長さ、格安保険会社とは比較にならないほどの大きなバックボーンなど、目に見えにくい部分に大きな優位性があります。

ですが最近は大手の主力商品によくある更新による保険料の値上げを嫌ったり、特約保障が生涯続かないなどの欠点を嫌って、複数社の格安保険商品を組み合わせて、厚い保障と安く値上がりしない保険を、保険ショップなどで組んで加入する人も増えています。

生涯の支払保険料や必要な保障が何年続くのかなどをシミュレーションしてもらい、大手の総合保険か複数社組み合わせかを見極めるのが得策でしょう。

保険選び 複数社の保険の組み合わせで理想的に

今後の必要額をシミュレーションして

希望を聞いて約35社から絞り込んでくれます

便利なほけんの窓口の店舗探しは超簡単

もちろん保険の相談は何度でも無料

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


第一生命のがん保険

第一生命のがん保険商品は用意が無いようで、提携しているアフラックの商品を紹介しているようです。
旧来の日本の生命保険会社も、最近は外資系と提携するようになったんですね。


こども応援団・Mickey

大学進学と大学在学中の教育資金を準備するための学資保険で、保険料払込の免除保障の範囲に応じて三種類から選ぶ事ができます。

学資金・満期保険金

お子さの出産予定日140日前から加入でき、契約年齢は0歳から10歳まで。保険料払込期間は全ての型で15歳までになります。
17歳または18歳から毎年一回の学資金が四年間(基準保険金額を四回受取り)、こども応援団・Mickeyの満期時に満期保険金(基準保険金額を一回受取り)の、通算5回の学資金を受け取ることができます。

三種の型と保険料払込の免除

こども応援団はA型のみ、MickeyはB型とC型の二つの型があります。この三種類の型の違いは保険料払込の免除保障の範囲の違いです。
こども応援団またはMickeyの契約者が、保険料払込期間中に下記に掲げる事由のいずれかに該当した場合、それ以後の保険料払い込みがは免除(不要)になります。

●こども応援団(A型)六項目
1.所定のガン 2.急性心筋梗塞 3.脳卒中 4.所定の介護状態 5.所定の身体障がい所帯 6.死亡

●Mickey(B型)一項目
死亡のみ

●Mickey(C型)
保険料払込の免除保障無し

返還率

他社では戻り率と表記することもある、保険料総額に対する受取額資金の総額比です。
この記事を書いている時点でこども応援団・Mickeyのウェブサイトに記載されている例を引用しましょう。

15歳まで払い込んで18歳から受け取る場合
基準保険金額:60万円学資金・満期保険金の受取総額:300万円
契約者:男性30歳/被保険者(お子さま):0歳

こども応援団A型 16,525円 100.8%
MickeyB型 16,323円 102.1%
MickeyC型 16,226円 102.7%

引用は以上です。

例えば上記のMickeyC型の場合、毎月16,226円を15年間(180回)払い込んで、五回の受取学資金総額が300万円(60万円x回)なので
3,000,000 / 16,226x180=
3,000,000 / 2,920,680=1.02715・・・
で、返還率が約102.7%となります。

バブル経済前あたりにに子供がいて今はおじいさんやおばあさんになっている方々は、学資保険は払い込んだ保険料の二倍くらいの戻りがあると思い込んでいるかもしれません。
こども応援団の返還率100.4%を知ったら、いやMickey C型の102.7%の返還率を知っても、驚いてしまうかもしれません。
ですが超低金利時代の今の日本の円貨の生命保険はだいたいこんな感じです。

保険選び 子供学資保険は何がいいかな?

学資保険選びも専門家にお任せ

もちろん保険の相談は何度でも無料

ベビーベッド、キッズコーナーもあります

便利なほけんの窓口の店舗探しは超簡単

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


第一生命の第三四半期業績

生命保険会社32社の総合ランキングには反映されませんが、評価対象になっている項目の途中経過を載せておきましょう。

平成30年二月発表の
第3四半期(平成29年4月〜12月)の業績です
経常収益:2,778,330百万円→約2兆7,783億円
保険料等収入:1,698,769百万円→約1兆6,987億円
経常利益:249,511百万円→約2,495億円
ソルベンシー・マージン比率:898.7%


当サイトの訪問数Best5 !

 


第一位

訪問数 第一位
人気ページ危ない保険会社ランキング
実は保険会社ランキングのページになりますが、順位を下から見て頂くと「危ない保険会社ランキング」になります。

 


第二位

訪問数 第二位
人気ページ保険の選び方
20歳から59歳まで年代や既婚・子供がいる家庭などの生活状況を六種類に分けて、基本的な保険の選び方を書きました。

 


第三位

訪問数 第三位
人気ページ生命保険会社 売上ランキグ
保険会社の生命保険料「だけ」の売上高を「保険料等収入」と言います。32社の保険料等収入をランキング形式で記載しました。

 


第四位

訪問数 第四位
人気ページかんぽ生命
かんぽ生命は他社の生命保険より安いでしょうか?高いでしょうか?また、かんぽ生命の「加入年齢盛り」なども書きました。

 


第五位

訪問数 第五位
人気ページオリックス生命
このサイトは何故かオリックス生命の人気がとても高いです。何故沢山見て頂けるのかわかりませんが五位は嬉しいです。

 



保険の相談だけでも大丈夫 保険相談左ほけんの窓口