明治安田生命 評判

明治安田生命のランキング詳細と評判・商品解説

明治生命と安田生命が合併して明治安田生命になったのですが、合併前の二社はどっちが日本最古の生命保険会社かという最高齢争いめいたことがあったように記憶しています。合併して明治安田生命になったのでそんな争いも自然消滅しました。

明治安田生命のランキング


明治安田生命のランキング

141.9点

総合第1位/32社


生命保険会社の総合ランキングはこちら


平成29年夏発表のディスクロージャー資料の
平成28年決算によると
ソルベンシー・マージン比率:945.5%
経常収益:3,542,202百万円→約3兆5,422億円
保険料等収入:2,615,872百万円→約2兆6,158億円
経常:318,455百万円→約3,184億円
利益率:約8.99%

分厚い壁を破った!

前回のランキングを作ったとき、明治安田生命を「万年三位か、陥落か。」と書きましたが全く間違えでした。

生命保険の売上が前期比で二割落ちていますが、経常利益(額)が前期より微増したので経常利益率が大幅上昇し、かんぽ生命と日本生命を抜かして堂々第一位です。

前年度のランキングではニッセイとかんぽの壁が厚すぎて三位より上に上がることは無いだろうと思っていましたが、保険の売上額で抜けなくても利益で二社を抜かしたのは驚きです。 面白いランキングになりました。
言い訳ですが、ランキング比較項目に経常利益率を入れてよかったなぁ。と思いました。

保険選び 更新はありませんか?値上がりませんか

お子さん連れでも安心のキッズスペース

無理に保険を勧めることも無いので

近くのほけんの窓口で気軽に相談できます

店舗検索簡単、保険相談は何回でも無料

保険相談右ほけんの窓口保険相談左



桜18 ランキングに使った項目の解説

ソルベンシー・
マージン比率
通常予想できないリスクに対する保険金支払い余裕度合いの指標
保険料等収入保険会社の保険料だけの売上高
経常保険料等収入と、その他の売上全部。保険会社全体の売上
経常当期純利益の前に表示される、事業の善し悪しを表すとも言える利益
利益率経常益を経常益で割った数値

明治安田生命の評判

口コミサイト・相談サイトなどを見て、明治安田生命の評判をまとめてみました。

良い評判
良い評判 三菱グループの明治生命と芙蓉グループの安田生命が合併した生命保険会社。日本四大生保の一角。
良い評判 明治安田生命にも学資保険があった。意外に戻り率が良い。(ソニー生命の学資と大差無いとの評判もあります。)
良い評判 三菱東京UFJ銀行が後ろ盾の、実質三菱グループの生保会社。芙蓉グループともつながりがあるので破綻はあり得ない。

普通の評判
普通評判 ベストスタイルは掛け捨て保険みたいなもの。

悪い評判
悪い評判 担当者に保険の解約書類を送るように依頼したら、放置された。(管理人より:こういう悪評はどの保険会社でもよくある評判です。書類請求はコールセンターに電話すると対応が早いです。)
悪い評判 破綻があり得ない会社なので傲慢になり、過去に二度、業務停止になった。


保険選び 収入やライフスタイルに合った保険ですか

保険料の相談も保障の充実もお任せ

提案がイマイチなら気軽に断れます

強引な営業はありません。ほけんの窓口の

保険相談は、何度でも無料です!

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


ベストスタイル

以前はライフアカウントL.A.か主力でしたが、「ベストスタイル」という全く新しい商品を主力商品にしました。

組み立てる保険

母子

明治安田生命の、組立総合保障保険(総合保障)「ベストスタイル」です。最近の大手生命保険会社は「組み立てる」という言葉が流行なのでしょうか。

旧来の日本の大手生命保険会社の主力商品を見ると、「組み立てる」という言葉が結構出てきて、十数種類の保険種の中かから自分の好みとか必要な保険を選んで組み立てて、自分にぴったりの、自分だけの保障を作るというのが流行始めているように感じます。

保障に特化。資産形成は無し

正式には5年ごと配当付組立総合保障保険がベストスタイルの正式名称のようですが、ベストスタイルの保障内容のアイコンを見ると
●病気・ケガへの備え
●重い病気への備え
●障がい・介護への備え
●万一への備え
の四種類が色つきで表示されています。
「蓄えとして」のアイコンはもうすぐ消えそうな薄い色で一番右に表示されていて、「資産形成向きではありません」というオーラが出ています。
色つきアイコンになっている四種類の保障群を、4つの保障カテゴリーと呼称しています。

この4つの保障カテゴリーの順序も、医療保険系を想像させる内容の「病気・ケガへの備え」が一番左に並んでいます。
ちょっと前なら「万一への備え」つまり死亡保障が目立つ位置に来そうなものですが、これも最近の生命保険の、生きるための保障であること訴求したいのかと思いました。

専門家が無料でアドバイス 保険相談左ほけんの窓口



特約群から選び組み立てる保険

ベストスタイルの特約群は以下の22種類です。この特約群から、今の自分と将来の自分、または今の家族と将来の家族に合うような保障を取捨選択することができます。

病気・ケガへの備え

●新・入院特約
●終身入院特約
●入院治療保障特約
●外来時手術保障特約
★退院後通院治療保障特約
●先進医療保障特約
●特定損傷給付特約
●傷害特約

重い病気への備え

★がん保障特約
●がん・上皮内新生物保障特約
★重度疾病継続保障特約
●がん保険料払込免除特約

障がい・介護への備え

●生活サポート定期保険特約
★生活サポート終身年金特約
●新・介護保障特約
●介護サポート終身年金特約
 

万一への備え

●定期保険特約
●終身保険特約
●家計保障年金特約

その他の備え

●保険料充当原資積立特約
●リビング・ニーズ特約
●重度がん保険金前払特約

○○サポートが

上記で★が付いている
★入院治療保障特約
★退院後通院治療保障特約 を付加すると「医療費リンクサポート」となって、公的医療保険制度と連動し入院中や退院後の通院での治療費の自己負担額に応じた給付金の受け取りが可能です。

★がん保障特約
★重度疾病継続保障特約
を付加すると「療養費ワイドサポート」となって、八種類の重い病気になったときの療養費を幅広く支えてくれます。

★生活サポート終身年金特約
を付加すると「生活費ロングサポート」になります。
重い病気や事故に起因して働くことが出来なくなったときの、必要な生活費を一生涯ロングサポートです。

この三種類の○○サポートは結構細かいので、詳しくは保険会社の営業職や保険の専門家に聞いてみてください。

キッズコーナー・授乳スペース 保険相談左ほけんの窓口



画期的。主契約が無い保険

あれ?主契約になる保険は何だろう?と一生懸命主契約を捜していたのですが、ベストスタイルのHPに
必ずご加入いただく必要があった「主契約」はなく、お客さまにとって必要な保障」(特約)をお選びいただけます。
と書いてありました。

毎年見直し可能!

ベストスタイルの特約群は更新型が多いので、自分で組んだベストスタイルの保障内容を毎年見直すことも可能です。
結婚してベストスタイルに加入して、一人目の子供が生まれたら見直して、二人目の子供が生まれたらまた見直し、さらに将来子供が自立する頃に大幅に見直すこともできますね。

更新型というと、更新のたびに保険料が高くなるという印象が強くて敬遠しがちです。それを逆手に取るかのように外資系などが保険料が障がい変わらないことを一番の売りにしていたりします。

ですが、ベストスタイルのHPを見ると
「特約の更新が無く保険料払込期間中の保険料が一定の全期型に比べ、当初の保険料を低く抑えることができるため、効率的に見直しができます」と書いてあります。 大手の保険は高いという先入観ナシで検討してみるのもいいかもれません。

正直難しい保険

このような保障がたくさん選べる保険は、最小限必要なものだけを選んで保障も保険料もスリムにすることが難しくなるようです。
できれば保険の無料相談店舗などで
ベストスタイル外資や通販系の保険で 必要な保険を組んだ場合の、保険料と保険料支払い期間、保障期間の長短を比較すべきでしょう。

ステマですみません

保険の無料相談で比較すべきとステマめいたことを書いていますが、保険会社の営業職は自社商品だけを説明販売できるので、他社保険商品との比較は禁止されています。
保険の無料相談なら複数社の保険を比較説明できるので、試しにベストスタイルvs格安保険商品の組み合わせについて聞いてみるのもいいかもしれません。

比較するならコレだっ!

ベストスタイルは組立型とかセレクト型保険という分類です。外資系や通販系の単純な保険が売れた影響でしょうか、大手が単純な保障を自分で組み合わせる保険に舵を切っています。
朝日生命の保険王プラス
太陽生命の保険組曲BEST
日本生命みらいのカタチ
富国生命未来のとびら
三井生命の大樹セレクト
この五種類は各社の主力商品で、自分で必要な保障を選んでください系です。

大手にするか?小規模生保にするか?

このような保険は必要な保障を選べるので自分にぴったりの保険を組めるとは思いますが
加入後の保険料値上げ
生涯の保険料総額
選んだ保障の継続年数
が重要な要素になると思います。

そういったことを考えると、ベストスタイルは必要な保障選びと保険料の兼ね合いが凄く難しい保険になります。
だったら外資や小規模保険会社の単品商品にばらばらに加入して、保険料を抑えた方がいいかも。ということにもなるので、とくにかく複数社の保険を比較すべきでしょう。

保険選び 更新はありませんか?値上がりませんか?

保険や保障の組み合わせに困っていませんか

無料で保険の専門家に頼っちゃいましょう

ほけんの窓口は何回でも相談無料

キッズコーナー・授乳スペースもあります

お店の空き状況は簡単に確認できます

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


つみたて学資

明治安田生命は、手軽に簡単な保険から始めるということで、かんたん保険シリーズ「ライト」を発売しました。

生保商品三種、損保商品二種

ライトには生保損保商品があり、損保商品は「おてがる自転車」「おまもり家財」があります。
生命保険は「じぶんの積立」「つみたて学資」「ひとくち終身」で、合計五商品が「ライト」シリーズになります。
じぶんの積立はいまひとつ生命保険の保障機能が薄い気がするので、「つみたて学資」「ひとくち終身」について書いてみます。

つみたて学資

簡単保険のライトシリーズだけに、高校卒業から大学在学中の合計四回、(教育資金三回と満期保険金一回)が支払われる(受取総額)。これ以外の給付金支払い方法は無い。というシンプル学資保険です。
よくある、大学入試前に全額一回払い給付という支払方法はありません。

支払方法や加入年齢

保険料の支払い方法は、月掛け、新半年掛け、新年掛け、前期前納払い、の四種類から選択です。

聞き慣れない全期前納払いは、保険料払込期間の全保険料を会社に預け払いする方法です。
例えば月額保険料2万円で保険料支払期間10年の場合、2万円×12ヶ月×10年=240万円を生命保険会社に預けるような形式です。
保険会社は保険料支払日が来る度に、預かったお金から保険料を徴収することになります。

被保険者 0歳〜6歳
出生予定日140日前から加入可能です。

契約者 18歳〜45歳

保険料払込期間10歳までまたは15歳までですが、被保険者が3歳以上になったときの加入は、10歳まで払いができません。

教育資金と満期保険金

例えば受取総額200万円の契約をするとその四分の一の50万円が基準保険金額と称されます。
つみたて学資は18歳時、19歳時、20歳時に「教育資金」として基準保険金額の50万円がそれぞれ給付されて、保険期間満了時に同額の満期保険金が支給されます。

お子さんの出生日が10月2日から翌年の4月1日までなら、教育資金の支給は17歳、18歳、19歳に変更されます。これは秋期入試や早生まれに対応していると思われます。

支払期間と受取率

保険料率 平成29年5月1日現在参照、契約者25歳男性、被保険者0歳の、支払保険料総額対受取総額比(受取率例)が掲載されていました。
受取総額300万円の受取率
10歳まで払い 105.8%
15歳まで払い 104.3%
前期前納払い 109.0%

受取総額200万円の受取率
10歳まで払い 104.8%
15歳まで払い 102.9%
前期前納払い 108.0%

保険料払込免除

契約者が死亡した場合、以後の保険料は免除されます。
もう一つ、.所定の身体障害表の第一級第二級の障害状態に該当した場合も以後の保険料は免除です。
どちらの保険料払込免除に該当しても、将来の教育資金と満期保険金の合計四回の給付などの保障は継続されます

保険料割引

基準保険金額が70万円以上になると高額割引という保険料割引があります。
月掛け、新半年掛け、新年掛けに適用され、月掛けの場合基準保険金額10万円につき30円の保険料が割り引かれます。同じ条件で新半年掛けは180円、新年掛は360円の割引になります。
前期前納払いは多分もっと良い高額割引が適用されると思います。

比較するならコレだっ!

保険料払込期間10年も選べるソニー生命の学資保険スクエアと、22歳満期の富国生命のみらいのつばさ
この二つの学資保険は元本割れの可能性が低いようです。また、子供保険では無いので将来の学費の積み立てに特化した保険料の使い方が可能です。

保険選び 支払方法など結構細かい学資保険

内容は十分に把握できていますか?

専門家がわかりやすく説明してくれますよ

キッズコーナー・授乳スペースもあります

もちろん保険の相談は何度でも無料

便利なほけんの窓口の店舗探しは超簡単

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


ひとくち終身

商品名は「ひとくち終身」ですが、正式名称は「5年ごと利差配当付一時払特別終身保険」という堅い名前です。

保険料全額契約時払い

正式名称にある通り、一時払い・保険料は契約時に全額一括払いの終身保険です。
手軽に簡単な保険のはずが、保険料全額一括払いというのは手軽じゃないような気がします。

小口・医師の診断不要

契約年齢は16歳〜50歳、一時払い保険料は50万円と100万円の二種類だけです。
保険料一時払いの保険の多くが医師の診断書が不要になりますが、ひとくち終身も職業告知だけが必要医師による診査も健康状態の告知も不要です。
健康状態に自信が無い、過去に手術の経験がある、持病や既往症がある、病院嫌い・・・などの人も加入できる終身保険です。

二つの保険期間

第一保険期間と第二保険期間あるのでややこしいんですよ。保険期間が二つあるなんて簡単じゃないですよね。
保険期間は「契約日から10年経過後の契約応当日前日まで」の10年間
保険期間は第一保険期間終了日の翌日から、終身までか、解約するまでのどちらかになります。

保険金と給付金

保険金を説明する上でこの二つの保険期間を理解することが大切です。
まず第二保険期間だけは死亡したときに死亡保険金が支払われます。その死亡保険金額は一時払い保険料を超えた金額になります。

保険期間の死亡要件は二つに分かれます。
死亡給付金がに該当する場合は、払い込んだ保険料相当額が支払われます。
災害死亡保険金に該当する場合、第二保険期間の死亡保険金と同額になります。

払込保険料以上の戻りあり

第一保険期間中の一時払い保険料に対する解約返戻金の返戻率は
契約後一年経過時99.8%〜99.9%
契約後二年経過時99.9%〜100.0%
(契約年齢によって返戻率に変化有り)

契約後三年経過時〜十年経過時まで100.0%(全契約年齢で同率)
第二保険期間開始日は100.7%(全契約年齢で同率)

100万円一括で払い込んで10年待って解約返戻金が7千円増えただけ・・・みたいな薄い残念感があるのですが気のせいでしょうか。
100万円を一括払いするのでしたら、興味があれば他社の外貨建て終身保険や明治安田生命の米ドル養老などで資産運用するなどの方法もあるので、保険の専門家などに複数社の保険を相談するのが良いかもしれません。

比較するならコレだっ!

保障目的なら、マニュライフ生命の非喫煙者保険料率がある終身保険こだわり終身保険v2
オリックス生命の低解約返戻金型終身保険で介護前払特約付き、通販可能な終身保険RISE[ライズ]が良いでしょう。

貯蓄目的なら、今は円貨の終身保険が超低金利で運用効率が凄く悪いので、円貨よりも予定利率が期待できる外貨建ての終身保険でしょうか。

明治安田生命も外貨建ての保険があります


米ドルまたは豪ドル建ての終身保険が多く出ていますが、くれぐれも為替リスクの周知と習知に尽力してください。というよりも保険の専門家に為替リスクや保険の仕組みなどのアドバイスをしてもらうのが一番楽です。

保険選び どんな目的で終身保険を選びたいですか

試しに一度 ほけんの窓口で無料相談

約35社から意向に沿って絞り込んでくれます

予約は簡単!無理な勧誘はありません

もちろん、保険相談は何度でも無料です

保険相談右ほけんの窓口保険相談左

外貨建て商品あります

明治安田生命もついに外貨建ての保険を出しました。平成28年末の発表で平成29年夏に外貨建て出すという計画が告知されていたそうです。
営業社員が販売する米ドル建ての養老保険と、金融機関窓口販売商品の米ドル・豪ドルのいずれかを主契約通貨として選べる終身保険の二種類を発売しました。
別ページで営業社員が販売できる方の、「米ドル建・一時払養老保険」と言う商品名の米ドル建て養老保険を紹介します。

明治安田生命の第三四半期業績

生命保険会社32社の総合ランキングには反映されませんが、評価対象になっている項目の途中経過を載せておきましょう。

経常収益:2,612,467百万円→約2兆6,124億円
保険料等収入:1,958,499百万円→約1兆9,584億円
経常利益:249,511百万円→約2,495億円
ソルベンシー・マージン比率:927.8%


当サイトの訪問数Best5 !

 


第一位

訪問数 第一位
人気ページ危ない保険会社ランキング
実は保険会社ランキングのページになりますが、順位を下から見て頂くと「危ない保険会社ランキング」になります。

 


第二位

訪問数 第二位
人気ページ保険の選び方
20歳から59歳まで年代や既婚・子供がいる家庭などの生活状況を六種類に分けて、基本的な保険の選び方を書きました。

 


第三位

訪問数 第三位
人気ページ生命保険会社 売上ランキグ
保険会社の生命保険料「だけ」の売上高を「保険料等収入」と言います。32社の保険料等収入をランキング形式で記載しました。

 


第四位

訪問数 第四位
人気ページかんぽ生命
かんぽ生命は他社の生命保険より安いでしょうか?高いでしょうか?また、かんぽ生命の「加入年齢盛り」なども書きました。

 


第五位

訪問数 第五位
人気ページオリックス生命
このサイトは何故かオリックス生命の人気がとても高いです。何故沢山見て頂けるのかわかりませんが五位は嬉しいです。

 



専門家が無料でアドバイス 保険相談左ほけんの窓口