プルデンシャル生命 評判

プルデンシャル生命のランキング詳細と評判・商品解説

プルデンシャル生命保険株式会社は、外資系生保の中では珍しく、破たんした日本の生命保険会社が前身ではありません。1979年にソニー・プルーデンシャル生命保険としていう、ソニーとの合弁会社として始まりました。後に1987年に、アメリカのプルデンシャル ファイナンシャルの100%出資日本現地法人としてタートしています。ソニー生命はプルデンシャル生命の販売手法をほぼ踏襲しているそうです。


プルデンシャル生命のランキング


プルデンシャル生命のランキング

77.5点

総合第21位/33社


生命保険会社の総合ランキングはこちら



平成30年夏発表のディスクロージャー資料の
平成29年決算によると
ソルベンシー・マージン比率817.4%
経常収益:1,020,885百万円→約1兆208億円
保険料等収入:859,096百万円約8,590億円
経常:37,435百万円→約374億円
利益率約3.67%

上がったのに落ちた

プルデンシャル生命の総合ランキングは、前年度の18位から3ランク落ちてしまいました。
一番不味かったのがソルベンシーマージン比率で、今期は33社中下から数えて5番目に落ちてしまいまい、総合ランキングに悪影響しました。

ですが、今年度のプルデンシャル生命の内容は凄く良く
経常収益は約9,105億円→約1兆208億円
保険料等収入は約8,002億円→約8,590億円と増額
経常利益額は約175億円→約374億円と前期の約2.1倍
利益率は1.92%が3.67%になっています。

なのに、なんでランク落ち?と思いますよね。
経常利益が2.1倍になっても、他社と比較すれば中の下くらいの位置です。
経常利益率も1%台が3%台になったところで、多くの他社から見れば中の下くらいな数値なのです。

これらをまとめると、社内的には内容が良くなっても、このサイトの総合ランキングでは順位が下落してしまうのです。残念。

桜18 ランキングに使った項目の解説

ソルベンシー・
マージン比率
通常予想できないリスクに対する保険金支払い余裕度合いの指標
保険料等収入保険会社の保険料だけの売上高
経常保険料等収入と、その他の売上全部。保険会社全体の売上
経常当期純利益の前に表示される、事業の善し悪しを表すとも言える利益
利益率経常益を経常益で割った数値

相談実績累計100万件以上!保険相談左ほけんの窓口

プルデンシャル生命の評判

保険会社の評判 プルデンシャル生命の米国ドル建年金支払型特殊養老保険を...続きを読む   yahoo!知恵袋より

 

保険会社の評判 高度医療への備えについての質問です。現在プルデンシャル...続きを読む   yahoo!知恵袋より

 

保険選び 収入やライフスタイルに合った保険ですか

保険の見直しで、ワンランク上の暮らし

生保も損保も何回でも相談無料です

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


 

プルデンシャルとジブラルタ

プルデンシャル生命は、プルデンシャル・ファイナンシャルを親会生命と兄弟会社と言える会社で、プルデンシャル生命が兄さん、ジブラルタ生命が弟みたいな感じですが、売り上げ的にはジブラルタ生命がなかりのお兄さん的な立場になっていますね。

ですが兄弟会社とはいえ、ジブラルタ生命の商品パンフレットが暖色で明るい系なのに対し社としてジブラルタて、プルデンシャル生命のパンフレットは寒色で白・黒・青・水色・灰色で構成されています。ジブラルタ生命と対極なんです。
ジブラルタが「あなたとあなたの家族を保障しますよぉ」な感じに対して、プルデンシャルは「保障でござる」のような印象を受けます。プルデンシャルの堅く真面目な感じ、好きです。

介護終身保険(認知症加算型)

介認知症も勘案してくれる保険

 

プルデンシャル生命保険は、被保険者が死亡したとき
死亡診断書(または火葬許可証)のコピー
・プルデンシャルの簡易支払請求書の二種類の書類での手続きで
保険金の一部を最短で即日受け取りできます。

 

従来は上限300万円でしたが平成26年四月から上限が500万円に引き上げられました。
病院の精算や、故人の交友の規模にもよりますが葬儀費用で急に多額のお金が必要になる時に、本当にありがたい制度ですね。

 

リハビリ

青二重丸 介護終身保険(認知症加算型)の解説です。
「認知症加算型」というのが嬉しいのです。

 

★公的介護保険制度の要介護2以上に認定された
★満65歳未満で「プルデンシャル所定の要介護状態」が
  180日以上継続したと医師に診断確定された場合
このいずれかで介護年金が受け取れます。

 

公的介護保険制度の要介護を基準に出来るのは分かりやすいですね。
満65歳未満でもお金の受け取り条件が整備されているのも良いです。

 

★★さらに
  被保険者が「プルデンシャル所定の重度の認知症」に該当した場合
  介護年金に加えて「認知症加算年金」が受け取れるのです。

 

要介護状態より軽い状態が「要支援」になるのですが、要支援は1と2の二段階だけになります。
要介護2は要支援2とは全く重大さ加減が違います

 

要介護2にもなると、自力で食事や排泄するのも難しいのです。例えばトイレまで歩くのが困難とか、箸を持てないのが当たり前でスプーンを持つのも大分苦労するくらいになります。
要するに排泄や食事でさえも何らかの介助を必要とするような状態です。

 

ですが、認知症になるとそんな状態でも外を徘徊してしまうことがあるのです。他にも問題が山積します。
それなりの施設に入所させる必要があります。
また、施設の入所をせず自宅で生活させるにも、自宅の改造などが必要になります。
そんなとき「認知症加算年金」はとてもありがたいです。

 

他社商品と比較するなら

生命保険会社の介護保険を一番最初に発売したソニー生命の「終身介護保障保険」、認知症後の保障が厚くなっている太陽生命の「ひまわり認知症治療保険」も比較すべきでしょう。


 

保険選び 保険料もう少し安くなれ!と思いませんか

無料で保険の専門家に頼っちゃいましょう

キッズコーナー・授乳スペースもあります

ゆったりした暮らしを叶える理想的なプラン

ほけんの窓口は何回でも相談無料

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


がん診断保険

がんと確定診断されたら

基本的に、所定のがんと診断確定された場合に、がん診断保険金が支払われる。
所定の上皮内がんと診断確定された場合は、上皮内がん診断保険金が、がん診断保険金の10パーセントが支払われる保険です。
先に上皮内がん診断保険金が支払われた後、がん診断保険金が支払れる場合は、先に支払われた上皮内がん診断保険金分を差し引いた金額の支払いになるようです。
また、死亡給付金もありますが、がん診断保険金よりも少ない金額での支払いになるようです。

こんな極端な保険が必要なのか

主に、がんと診断されたときだけ保険としての機能を全うするような保障ですよね。がんと診断されたときに、例えば三百万円もの保険金が必要か?と言えば、必要な場合もあるんです。
例えば先進医療という、技術料が高すぎて国民健康保険や社会保険の三割負担が適用できない、がん治療法で治療をしたら、軽く三百万円を超える技術料が必要です。
技術料だけで三百万円もするような治療を受けずにすんだとしても、開腹手術になればかなりの治療・入院費が必要です。

手術だけが注目されがちだが

さらに、万が一転移の可能性がある場合は手術後の五年後生存率を高めるための継続治療費や、その継続治療が終わった後でも、かなり高額の人間ドッグを、もしかしたら半年に一度受け続ける必要も出てくるのです。
高額な人間ドッグは一回三十万円することなんでザラですから、一年で六十万円を五年繰り返したら三百万円なんて消えてしまいます。

がんは生活習慣病とも言われますが、実際は遺伝の影響がかなり多いとも言います。もし、知ってる限りの血縁者にがんになったひとがいるのなら、こういった保険を検討するのもいいのではないでしょうか。

他社商品と比較するなら

50万円から300万円の多額の給付金一発払いで回数無制限保障と言えば、FWD富士生命の「新がんベスト・ゴールドα」です。

基本的ながん保険であれば、オリックス生命が良いでしょう。
ひまわり生命もチェックしておいた方がいいでしょう。
アフラックも参考にしてみましょう。

がん保険商品は給付金支払方法が二つに分かれます。
新がんベスト・ゴールドαのような多額の給付金受取タイプか、医療保険のような「診断給付金+入院日額」の医療保険に準じたタイプか。判断が分かれます。

保険選び 更新はありませんか?値上がりませんか?

万が一があっても家族は大丈夫ですか?

医療やガンの保障は古くないですか?


近くのほけんの窓口で気軽に相談できます

専門家が必要額をシミュレーションして

希望を聞いて約35社から絞り込んでくれます

もちろん、保険の相談だけでもいいんです


お子さんを連れての保険相談も大丈夫

キッズスペースがあるので安心です

無理に保険を勧めることはありません


暮らしを圧迫しない、あなただけのプラン

お店の空き状況は簡単に確認できます

予約は簡単、相談は何回でも無料ですよ


保険相談右ほけんの窓口保険相談左