マニュライフ生命 こだわり個人年金 評判

マニュライフ生命のこだわり個人年金(外貨建)

マニュライフ生命のこだわり個人年金は米ドルまたは豪ドル建てですが、保険料円貨払いで月額一定額という、使いやすい個人年金です。

外貨建てなのに月払い可能な個人年金

他社のガチガチの運用特化型の外貨建て個人年金は、円払いで100万円以上の一時払い(契約時全額一回払い)保険料を納める商品が多く、最低一時払い保険料が5万米ドル以上という凄い米ドル建て個人年金商品もあります。
月払い保険料一万円からのこだわり個人年金は、とても身近な外貨建て個人年金です。

円貨の個人年金がイマイチ

元々個人年金という生命保険は死亡保障を排除して貯蓄機能に特化した生命保険なので、時間をかけてお金を増やしながら貯めるには最適な保険です。
日本の金利が良かった時代の(円貨の)生命保険は積立利率が凄く良かったらしく、個人年金も今では信じられないくらいの運用効果があったそうです。
ですが最近の日本は低金利の状態が長期化していることもあり、円貨の個人年金に新規加入しても積立利率が極端に低く、以前によく言われたような運用効果を望めなくなりました。

外貨建ては好積立利率が望める

以前から外資系が外貨建て保険を販売していましたが、最近は終身保険や個人年金の外貨建て商品の人気が伸びた為か国内大手生保も外貨建てに参入するようになり、銀行などでも販売されるようになりました。

何故そんなに外貨建てなの?という疑問が浮かびますが、なんと言っても円貨の保険とは比較にならないほどの、高い積立利率を実現できることが一番の魅力です。
外貨建ての生命保険は、終身保険・養老保険・個人年金などの貯蓄目的の保険になりますが、円建ての保険と、米ドルや豪ドルなどの外貨建てとでは設定できる積立利率が違うので、お金の増え方が雲泥の差になるのです。

米ドルと豪ドル

マニュこだわり個人年金は、米ドルまたは豪ドルを主契約通貨に選びます。米ドルと豪ドルの特徴と利回りを簡単に書いておきます。
米ドルの特徴
世界の基軸通貨で世界一の供給量。長期金利は各国の十年国債が指標になりますが、近年のアメリカ国債10年の年利回りは2.4%前後で推移。ちなみに日本の国債10年の年利回りは0.025%前後です。
豪ドルの特徴
世界一の鉄鉱石の産出があり安定経済。リーマンショックの時でさえ、その影響は小さかったと言われています。外貨建て保険で米ドルの次によく見かける契約通貨。米ドルより良い積立利率が付く傾向があります。
近年のオーストラリア国債10年の年利回りは2.7%前後で推移しているそうです。日本(0.025%前後)の百倍越えですか!?

二つの外貨共に日本の国債より遙かに良い利回りになっているということは、その通貨で運用する生命保険のお金の増え方が凄く良くなることを意味します。

専門家に無料相談して最適な外貨建保険選び

保険相談右ほけんの窓口保険相談左

こだわり個人年金は月一万円から。安心の利率最低保証

こだわり個人年金は他社の外貨建て個人年金には無い特徴があります。保険料が円貨一定になっているのも大きな特徴です。

こだわり個人年金の大まかな流れ

円貨で保険料を払い続けますが、保険料を払う度に契約時に選んだ米ドルまたは豪ドルに換算されて積み立てられ、(円の保険より)高い積立利率で運用されながら増えていきます。
保険料払込期間が終わったときに払い込んだ保険料総額+積立利率で増えたお金が、米ドルまたは豪ドルの「年金原資」となります。

年金原資はそのまま解約して全額受け取る事も可能ですが、個人年金なので年金原資を複数回の分割受取(年金受け取り)にするのが一番いいかもしれません。
年金受け取りしたお金の総額は、年金原資を解約して全額受取するよりも大きくなります。

外貨建て保険が円貨よりも良い積立利率で貯蓄効果が大きくなるのはいいのですが、こだわり個人年金(外貨建て)の他のメリットや、デメリットは無いのでしょうか。

保険料は月一万円から!

保険料払込方法は、月払い・半年払い・年払い・一括払い・前納払いがあり、月払いの場合の保険料は円貨で一万円から四十万円までで、その範囲内で千円単位での加減が可能です。

円貨の支払額が一定

こだわり個人年金外貨建てというより米豪どちらかのドル建て個人年金というとわかりやすいかもしれません。

よくあるドル建て保険は円で保険料を払えますが、毎月の保険料が○○○ドルと「ドル建ての保険料」が一定なので、為替の変動で毎月の円貨の保険料が変化してしまいます。
こだわり個人年金も毎月の保険料は円貨払いですが、「円の保険料が一定」なので他のドル建て円払い保険のように保険料が毎回変わることはありません。
その代わり「ドルに換算した保険料」が毎月変化します。

積立利率は最低保証付き!

こだわり個人年金の積立利率は基準積立利率制で毎月変動しますが、過去の月間積立利率を平均した数値を採用し続けるので、世界情勢などの変化で急激な積立利率の下落などがあっても、その影響を緩和してすることができます。
また、基準積立利率は年1.5%を最低保障するので、急激とか長期的な不況が発生したとしても、こだわり個人年金の積立利率1.5%を切ることはありません。長期の運用でも大丈夫という安心感がありすます。

外貨建ては他社との比較が重要です

保険相談右ほけんの窓口保険相談左

こだわり個人年金の便利機能!

長期間保険料を払い続ける個人年金なので、保険料を払えなくなる事があるかもしれません。こだわり個人年金は便利機能でそんな事態にも対応できます。

途中で保険料の減額可能!

こだわり個人年金は、保険料払込期間の途中で毎月の保険料を減額することがきます

収入が減ってしまったとか家族が増えたなどで、毎月の保険料が負担になってしまったとき、例えばそれまで月払い保険料三万円だったとしても二万円に減額することもできます。
月額一万円まで減額しても大丈夫だと思いますが、パンフレットではよくわからなかったので、ご検討の際に保険募集人などに確認をお願いします。
保険料払込額の減額と保険の継続ができるのは良くできている仕組みです。
もちろん支払保険料を減額すれば保険料の減額に応じた運用結果になります。

保険料払込の停止と再開が可能!

長い保険料払込期間中に、こだわり個人年金を止めざるを得ないようなことが起こるかもしれません。そんなことがあったら、まずこの保険を何ヶ月継続していたか確認してください。
契約日を含めて120ヶ月以上経過していて、それまでの保険料を完納しているのであれば、保険料払込の停止と、その後の再開も可能です。(保険料一括払いと前納期間中を除く)

例えば子供が高校に入学したら保険料の払込を一時停止して、子供が社会人になったら保険料の払込を再開してもいいのです。
これも保険料払込停止に応じた運用結果になります。

保険料払込期間を延長可能!

例えば定年後の再就職先の待遇が良かったなどで、こだわり個人年金の当初の保険料払込期間よりも長く保険料を払い込めるようであれば、保険料払込期間を延長することができます。
延長期間は1年〜5年で一年単位であること
被保険者が80歳の終わりまでに保険料払込期間延長後の年金支払開始日が到来すること。の二つがが条件になります。

難しい外貨建て保険選びを無料でアドバイス

保険相談右ほけんの窓口保険相談左

積立が終わったら年金の受取り

こだわり個人年金は二種類の年金と四種類の年金受け取り方法があり、万が一年金受け取り途中で死亡した場合も想定した対策が施されています。

年金は二種類


保証期間付き終身年金
被保険者が存命である限り生涯受取可能な年金です。その代わり一度に受け取れる年金額は少なくなります。
ですが、例えば年金受け取り開始三年で他界してしまうと超大損です。そこで年金支払の保証期間を10年としています。
例えば年金受け取り三回(三年)で被保険者が他界した場合、残りの七年分を、死亡一時金として現価で一括払いします。

五年または10年の確定年金
マニュライフ生命からの年金受け取り期間が5年(五回)または10年(10回)でかっちり終了する年金支払方法です。確定年金はこのどちらかを選ぶ必要があります。
年金支払期間の途中で被保険者が他界すると、残額について現価で死亡一時金として全額支払いします。

年金は四種類の受取方法

1.年金の外貨受取
保険料は円貨払いですが、保険料を払う度に契約時に選んだ運用通貨(米ドルまたは豪ドル)に換算されていたので、保険料払込期間が終了したときの年金原資は全額外貨になっています。
米ドル口座または豪ドル口座を用意して、運用通貨で受け取り続ける事ができます。

2.外貨建ての年金を都度円換算して受け取る
外貨建ての年金を毎年受け取るときに円換算して、受け取り続ける方法です。マニュライフ生命が年金を支払うとき、一回の支払毎に円換算する方法です。
年金受け取り時の為替状況で、運が良ければ為替差益的な効果が望めますが、運が悪ければ為替差損的な悪影響があります。

3.年金原資を先に全額円換算する
保険料払込期間が終わったときの外貨の年金原資を、全額円に換算してしまう方法です。年金原資を全額円換算してしまえば、その後の年金受取の際に為替差損の心配は無くなります。
全額円換算するときの為替相場次第では、為替差損が生じることもあります。

4.年金原資を一括受け取り
年金支払(受取)期間中に、年金を外貨または円貨で全額一括支払(受取)することもできます。

個人年金はお任せ!相談は何度でも無料!

保険相談右ほけんの窓口保険相談左

凄い増え方だ!

男性・契約年齢40歳・月額保険料1万円で、25年間積み立てたシミュレーション例がありました。

契約通貨米ドルの例

A.25年間の円貨支払保険料総額:300万円
B.Aの米ドル換算額:28,096.03米ドル
C.25年間の積立金額51,376.90米ドル
米ドル返戻率(B/C):182.86%

払い込んだお金の1.8倍以上の戻りが期待できるのは、25年という長期運用と米ドルの高積立利率が功を奏した結果ですね。円貨では到底無理でしょう。 

契約通貨豪ドルの例

A.25年間の円貨支払保険料総額:300万円
B.Aの豪ドル換算額:37,391.36豪ドル
C.25年間の積立金額75,643.15豪ドル
豪ドル返戻率(B/C):202.30%

25年間もの時間を掛けたとはいえ、支払保険料総額の二倍以上に増えるのは米ドルより積立利率が良い豪ドルならではでしょう。今の円貨の個人年金でも考えられないような運用効果です。

こだわり個人年金のまとめ

多くの外貨建て個人年金のように大金を一括払いする必要が無く、地味に月払いができること、最低保証された積立利率が付されることが魅力です。
年金の種類と年金の受取方の組み合わせが豊富なことも魅力ですが、保険料の中途減額が可能で、保険料払込の停止と再開もできる、長期継続しやすい個人年金と言えるでしょう。


保険選び 外貨建ては高い利率が魅力

ですが為替リスクの理解も大切です

無料で保険の専門家に頼っちゃいましょう

ほけんの窓口は何回でも相談無料

お店の空き状況は簡単に確認できます

保険相談右ほけんの窓口保険相談左



当サイトの訪問数Best5 !

 


 

第一位

訪問数 第一位

人気ページ危ない保険会社ランキング

実は保険会社ランキングのページになりますが、順位を下から見て頂くと「危ない保険会社ランキング」になります。

 


 

第二位

訪問数 第二位

人気ページ保険の選び方

20歳から59歳まで年代や既婚・子供がいる家庭などの生活状況を六種類に分けて、基本的な保険の選び方を書きました。

 


 

第三位

訪問数 第三位

人気ページ生命保険会社 売上ランキグ

保険会社の生命保険料「だけ」の売上高を「保険料等収入」と言います。32社の保険料等収入をランキング形式で記載しました。

 


 

第四位

訪問数 第四位

人気ページかんぽ生命

かんぽ生命は他社の生命保険より安いでしょうか?高いでしょうか?また、かんぽ生命の「加入年齢盛り」なども書きました。

 


 

第五位

訪問数 第五位

人気ページオリックス生命

このサイトは何故かオリックス生命の人気がとても高いです。何故沢山見て頂けるのかわかりませんが五位は嬉しいです。