三井住友海上プライマリー生命 評判 ランキング

三井住友海上プライマリー生命のランキング詳細と評判・商品解説

三井住友海上プライマリー生命を知っている方は、資産形成や資産の分散を検討されているのではないでしょうか。
窓口販売に特化している三井住友海上プライマリー生命は、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスの子会社です。
年金保険の他に終身保険も販売。外貨建て、通貨選択型商品もあります。

三井住友海上プライマリー生命の評判や、通貨選択型定額個人年金保険などの解説、他社生保比較ランキングをまとめました。


三井住友海上プライマリー生命のランキング


三井住友海上プライマリー生命のランキング

89.4点

総合第16位/33社


生命保険会社の総合ランキングはこちら



平成30年夏発表のディスクロージャー資料の
平成29年決算によると
ソルベンシー・マージン比率:992.9%
経常収益:1,256,486百万円→約1兆2,564億円
保険料等収入:1,059,512百万円→約1兆595億円
経常:28,939百万円→約289億円
利益率:約2.30%

順位が激動しました

総合ランキングは、前々期が14位、前期11位、今期が16位という変化です。三期でみると逆V字下落みたいです。
利益額と利益率が前期比で半減したので、せっかく上がった順位が以前よりも下落してしまいました。

利益額半減の原因を損益計算書で見てみると、前期には無かった「為替差損」113,646百万円(約1,136億円)が目立ちます。
また、「保険金等支払金」が前期469,395 百万円(約4,693億円)→今期694,801百万円(約6,948億円)と約2,255億円も増えていることがわかります。
さらに保険料等支払金の内訳を見ると、解約返戻金が前期118,0422百万円(約1,180億円)から今期23,918百万円(約2,239億円)と前期比で約9割増え突出しています。

細かい数字を書いてネチネチ書いてしまったかもしれませんが、為替差損で利益が減るのは保険会社では珍しいことではありません。
また、保険金などをしっかり支払ってくれる優良な保険会社とも言える内容ですので、ランキングの変化を気にしなくてもいいでしょう。

保険選び 保険探し難しいし、結構辛い!と思ったら

無料で保険の専門家に頼っちゃいましょう

理想的なプランで、ワンランク上の暮らし

お店の空き状況は簡単に確認できます

ほけんの窓口は何回でも相談無料

保険相談右ほけんの窓口保険相談左



桜18 ランキングに使った項目の解説

ソルベンシー・
マージン比率
通常予想できないリスクに対する保険金支払い余裕度合いの指標
保険料等収入保険会社の保険料だけの売上高
経常保険料等収入と、その他の売上全部。保険会社全体の売上
経常当期純利益の前に表示される、事業の善し悪しを表すとも言える利益
利益率経常益を経常益で割った数値


三井住友海上プライマリー生命の評判

すみません、三井住友海上プライマリー生命の評判を見つけることができませんでした。

申し訳ないので三井住友海上プライマリー生命の評判の概要を書きます。

金融機関代理店販売に特化した、主に人年金保険を展開している会社で、親会社はMS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社です。
個人年金に特化すると書きましたが、よく見ると実際に販売する保険は個人年金と終身保険で、さらに定額商品と変額商品に分かれます。
またさらに、外貨建て商品と円建て商品、通貨選択型商品があります。

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社は三井住友海上グループホールディングスと、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険、の損保会社の親会社と損保会社二社が経営統合した持株会社です。
MSとかADとかアルファベットの由来は何かな?的な疑問が湧きますが、Mは三井 Sは住友 Aはあいおい Dはニッセイ?同和?ですかねぇ。

保険選び 収入やライフスタイルに合った保険ですか

保険料の相談も保障の充実もお任せ

保険で悩む必要がなくなりますよ

強引な営業はありません。ほけんの窓口の

保険相談は、何度でも無料です!


保険相談右ほけんの窓口保険相談左


ブロードウェイ ワールドU

三井住友海上プライマリー生命だけあって、三井住友銀行で販売しているというのが、通貨選択型定額個人年金保険 Broadway WorldU(ブロードウェイ ワールドU)です。

日本の円は金利が低いので、比較的金利が高くて安全性がある三種類のドルとユーロのいずれかで資金を運用して、目標金額(目標割合)までお金が増えたら、そのお金を全額一括で受け取るか、分割で複数回受け取りをする。という外貨建ての個人年金です。

大まかな流れや取り扱い

1.米ドル・豪ドル・ユーロ・ニュージーランドドル。この四種類の通貨のうち一つを契約通貨として選ぶ
2.積立(ターゲット)コースまたは定期支払いコースを選ぶ
3.一時払いで保険料を支払う
(最低保険料は、二万米・豪・NZドルまたは二万ユーロ)
(最高保険料は円貨で5億円相当。76歳以上は1億円相当。)

(ターゲット)コースを選ぶと

据え置き期間があります。
米ドル:5・7・10・15年
豪ドル:3・5・7・10年
ユーロ:7・10年
NZドル:3・5年
から選択します。

ターゲット機能
選択した契約通貨の選択した据え置き期間中に「一時払い保険料を円換算した金額」の、目標値が円換算で105%から200%まで(1%刻みで設定可能)増えたら、自動で円貨確保して円建て年金に移行します。
この目標値が「ターゲット」で、目標値の設定無しも選択できます。

例えば、2万米ドルで契約したときの一時払い保険料が円換算で250万円だったとしましょう。据え置き期間を7年選択して、目標値120%を選択します。250万円の120%は300万円ですね。
そこまですれば後は放置です。契約通貨の、円貨と比較して高い積立利率で運用してくれます。
三井住友海上プライマリー生命毎営業日に達成率を判定しますので、一時払いが円換算で300万円になったとき、据え置き期間の終了を待たずに即円貨で自動確保・円建て年金に自動移行するか、選択すればそのまま運用を継続します。

続けるか受け取るか
円貨で自動確保された、目標値を達成した一時払い保険料を年金原資と言うのですが
年金原資化したお金について年金に自動移行して現金を受け取ることを「受け取りプラン」と言い、そのまま運用を継続することを「継続プラン」といいます。

受け取りプランを説明しましょう。
a.年金原資をそのまま全額一括受け取る。
b.確定年金という、年金支払期間5・10・15・20年払いというか、年金受取期間5年から20年受け取り。
c.年金総額保障付き終身年金という、生涯掛けて少しずつ受け取る方法。年金原資相当額未満の受け取りで他界しても、その満額まで年金を受け取れる。
このうち一つを選びます。

定額プラン

簡単に言うと、年金原資を運用してから増えたお金を毎年刈り取るプランです。

これも各契約通貨毎に据え置き期間がありますが、米ドルとユーロは積立コースとは違う据え置き期間が設定されています。
据え置き期間終了後は積立コースのa.b.cと同じコースから一つ選択します。

まとめると

他社にもかなり似た商品があり、変額部分をちょっと含むので少々危険性を含みながらも高い運用効果を望めるものもあります。
ブロードウェイ ワールドUは変額部分が設定されていないので、外貨建ての中でも安全性は高い方といえそうです。
もちろん、それでも為替差損や外貨建て特有の費用なども考える必要はあります。
比較するなら、まず第一フロンティア生命のプレミアジャンプ2、外資ならメットライフ生命のレグルスIVがいいでしょう。
マスミューチュアル生命も見ておくといいかもしれません。

保険選び 外貨建の自己判断は危険です

専門家がわかりやすく説明してくれますよ

40社以上から希望を聞いて絞り込み

便利なほけんの窓口の店舗探しは超簡単

もちろん保険の相談は何度でも無料


保険相談右ほけんの窓口保険相談左


プライムハート

注) 平成29年7月に販売停止になりました。

三井住友海上プライマリー生命の保険商品のうち、定額終身保険は外貨建てが三種類、通貨選択型が一種類です。

外貨建てということで、プライムハートについて解説してみます。細かく言うと「死亡保障充実特約付通貨選択利率更改型終身保険」がプライムハートの正式名称です。
契約通貨は米ドル /豪ドル /ユーロ から一通貨の契約通貨を選択します。

利点も欠点も

大きな特徴としては、他社同様、この三種類の外貨は円貨と比較して金利水準が高いので、積み立て利率が凄く良いという利点があります。
また、死亡保障充実特約があって、契約日から10年経つと、死亡保障が充実するという利点があります。死亡保障更改日があり、次の死亡保障更改日まで死亡保険金を一定に保持してくれるのです。

さらに為替差益が望めるかもしれないというのも利点ですね。

お約束ですが、欠点としては元本保証がないことと為替差損があるかもしれないということです。
他にも利点欠点があるかと思いますが、記事では書ききれない部分もありますので検討する際には保険の専門家やFPにじっくり話を聞いてみてください

一時払い保険料は二万○○

仕組み的には契約通貨(選んだ通貨)により、最低で、二万米ドル、二万豪ドル、二万ユーロの一時払い保険料を用意する必要があります。一時払いとは、一回払ったら以後の保険料は必要ありません。という意味です。
ちなみに、契約年齢は15歳から80歳までなんです。15歳で二万米ドルも用意できるってことかよ!?という突っ込みはやめましょう。

二つのコース

プライムハートは、「積み立てコース」「定期支払いコース」の二種類があります。

積み立てコースは、一時払い保険料をとにかく無駄なく増やす目的というべきかもしれません。円換算の一時払い保険料を基準に、その110%から200%の範囲内で目標設定します。例えば155%!と目標設定したとします。
三井住友海上プライマリー生命が一時払い保険料の155%を達成した日(営業日)に、自動的に確保して円建ての終身保険に移行してくれます。

定期支払いコースは、増えたら都度小遣いにするというとわかりやすいかもしれません。契約後、被保険者(保険をかけられている人)が生存している限り、毎年定期支払金を受け取ることができます。
一時払い保険料を元本に、一年かけて増えた利息だけを毎年受け取るような感じになります。ですので、積み立てコースのように一時払い保険料をその110%から200%の間で増やすことはできません。

保険選び 今、外貨建てを検討していますか?

外貨建ては専門家の意見も重要です

後悔しないためにも一度相談してみましょう


専門家が必要額をシミュレーションして

希望を聞いて絞り込んでくれます

もちろん、保険の相談だけでもいいんです


お子さんを連れての保険相談も大丈夫

キッズスペースがあるので安心です

無理に保険を勧めることはありません


理想的なプランで、ワンランク上の暮らし

お店の空き状況は簡単に確認できます

予約は簡単、相談は何回でも無料ですよ


保険相談右ほけんの窓口保険相談左