介護保険とは

介護保険の意味・解説


(保険会社の)介護保険とは

 

国家管掌の介護保険ではなくて、生命保険会社の保険商品の「介護保険」です。

 

介護保険と言えば、国からの介護サービスの補助としての介護保険がありますが
民間の生命保険会社から販売されている介護保険は、国の公的介護保険サービスの金銭的補てんや、介護状態の人やその家族のの生活保障の一部分として考えられているものが多数です。

 

国民の2人に1人が一度は介護状態を経験して、最終的には死亡を迎えるという状況を考えると
将来の老後の終焉に近い部分は非常に不安に感じられるかもしれません。
内容は、被保険者が要介護状態(介護度2とか3以上が多い)になって保険金が支払われます。
要介護状態になって一時金が支払われるタイプ
要介護状態が続く限り年金(介護年金)が支払われるタイプ
またはこれらの複合タイプがあります。

 

実は介護の現状も被保険者の介護状態の認定が非常に難しい部分があり、ケアマネージャー等の判断で簡単に介護保険が全額受け取れるというものではありません。
生保会社の介護保険の保険金や給付金の支払基準は、一般的には(保険会社の独自基準では無く)
国の公的介護保険の基準に則っています

 

ある生命保険会社の「介護保障保険」というものがありますが、どう考えても元本割れをしている内容が多いようです。
死亡でもなく、(元気であった)生存お祝い金でもなく、微妙な部分で介護の保障・補てんを考えるより、
考え方の一つとしては、死亡保障保険で貯蓄性の高い商品に加入して、介護状態になったら契約者貸付や保障の減額による一時金の支払を受けた方が現実的かもしれません。

 

民間の介護保険の使い方で、上記で少々外れた説明になりましたが
例えば高齢の親が介護状態になってしまい、安価な地元の市区町村の養護施設に入居させたくても、「養護施設の入居者が死亡するか転出する」までは空きが無いのです。

 

かといって私立の養護施設は入所金が500万円や1000万円などというのは普通にある話で、地元の市区町村の養護施設に予約を入れ、その空きが出るまでの間だけでも高額な私立の養護施設に入れたいときなどに有効な保険になると思います。

 

保険の相談 万が一があっても家族は大丈夫ですか?

保障の充実も、保険料の減額もお任せ

提案がイマイチなら気軽に断れます

強引な営業はありません。ほけんの窓口

保険相談は、何度でも無料です!


当サイトの訪問数Best5 !

 


第一位

訪問数 第一位
人気ページ危ない保険会社ランキング
実は保険会社ランキングのページになりますが、順位を下から見て頂くと「危ない保険会社ランキング」になります。

 


第二位

訪問数 第二位
人気ページ保険の選び方
20歳から59歳まで年代や既婚・子供がいる家庭などの生活状況を六種類に分けて、基本的な保険の選び方を書きました。

 


第三位

訪問数 第三位
人気ページ生命保険会社 売上ランキグ
保険会社の生命保険料「だけ」の売上高を「保険料等収入」と言います。32社の保険料等収入をランキング形式で記載しました。

 


第四位

訪問数 第四位
人気ページかんぽ生命
かんぽ生命は他社の生命保険より安いでしょうか?高いでしょうか?また、かんぽ生命の「加入年齢盛り」なども書きました。

 


第五位

訪問数 第五位
人気ページオリックス生命
このサイトは何故かオリックス生命の人気がとても高いです。何故沢山見て頂けるのかわかりませんが五位は嬉しいです。

 



専門家が無料でアドバイス 保険相談左ほけんの窓口