学資保険とは

学資保険の意味・解説

子供の将来の学費に備えるための保険が学資保険です。最近はドル建て養老保険をを学資保険の代用で使用する商品もあります。
基本的に支払い保険料総額よりも大きなお金が戻る学資保険は、教育費の貯蓄目的保険と言えるでしょう。

学資保険とは

学資保険の満期(保険の保障期限終了)までに、毎月の支払保険料でお子さんの進学費用を積み立てましょう利息は多めです。といったものです。
つまり、保障よりもお金の運用に重点を置いた保険が学資保険です。

一般的には、契約者が父親または母親、被保険者(←保険をかけられる人)が子供となります。
最近はおじいさんやおばあさんが、契約者になれると、保険会社が宣伝するようになってきましたね。

高学歴社会は変わらない

少子化が進み、子供の人口が減っていますが、相変わらず高学歴化は進んでいますし、数十年前の大学・短大といった構図から、各種専門学校や専門学校も大学卒業資格を取得できる学校も出てきて、子供の将来の学費にもお金がかなり掛かることが予想できます。

生まれる前から加入可能

子供が生まれる = 学資保険に加入する、といった流れが自然にできているほど一般によく知られている保険です。
加入時の子供の年齢が低いほど、保険を掛ける期間が長くなりますから当然毎月の保険料は安いですので、子供が生まれたらすぐに加入する家庭も多いです。
しかも、支払保険金の総支払額に対する、受け取り金額の割合(戻り率)が、加入が早くなるほど高くなるのです。
最近は出産予定日の140日前から加入できる学資保険がほとんどです。

保障機能が強化されている

多くの学資保険は
契約者(である親)に万が一があったら保険料の支払は免除されます。
契約者に万一があっても子供が進学するときには育英年金という仕組みで学資が支払われます
この仕組みが各保険会社の商品によってばらばらなので、支払い保険料に対する返戻率や、保険としての保障内容をよく検討してください。

受取方法三種類

学資保険にも大きく三種類に分類されます。

学資保険の種類 大学進学または専門学校進学時に1回だけ、全額受取れる。

学資保険の種類 大学進学または専門学校進学時の学資金と、在学中の学資金も複数回受け取れる

学資保険の種類 幼稚園入園、小学校入学・・・大学入学、社会人独立まで、お金が複数回回以上受け取れる

幼稚園入園から社会人独立まで何度もお金が出るものは、戻り率が低い商品が多いので、あまりオススメできません。

保険選び 教育費の準備はできていますか

専門家がわかりやすく説明してくれますよ

親子の安心を叶える、しっかりしたプラン

お子さん連れでも安心のキッズスペース

もちろん保険の相談は何度でも無料!

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


学資保険の戻り率を大きくする方法はコレだっ!

マイナス金利政策後の超低金利の影響で、今の学資保険は戻り率110%台を切って、103%あたりが普通で108%台の戻り率が最高になりました。
保険会社によっては元本割れする学資保険もあります。
では、どのようにすれば戻り率108%台を狙えるのか、秘密を解説します。

戻り率が大きい学資保険はちょっと違う

学資保険で一番気になるのが「戻り率」と言う人は多いですよね。
戻り率の意味はほぼそまま文字通りの意味で、「保険会社からの受取る学資金の総額」を「払い込んだ保険料全額」で割った数値です。

マイナス金利政策前までは戻り率110%台の学資保険もありましたが、今は戻り率108%台が最高の戻り率ではないでしょうか。
これ以上の戻り率の円貨の学資保険は無いと思います。

ですが、戻り率が高い学資保険の「保険料の払い込み方法」や「保険料払い込み期間」「満期年齢」等を見ると、あれ?と思う商品がいくつかあります。
実はそこが戻り率を大きくする秘訣でもあるのです。

長期払いは戻り率が低い

よくある学資保険の保険料払い込み方法は、子供が0歳から支払い始めてその子供が17歳または18歳まで毎月保険料を支払う方法です。
12ヶ月x17年で200ヶ月以上、毎月保険料を払い続けるような支払方法ですね。

この保険料支払い方法の場合、高い戻り率を望めません。

戻り率が高い学資保険は短期払い

戻り率108バーセント以上を達成するような学資保険は、管理人が知るところでは二社だけです。その保険料払い込み方法は
両社とも「子供が0歳の時に加入・払い込み開始をします。
●A生保:子供が5歳まで全額払い込んで17歳または18歳時に全額受取り
●B生保:子供が10歳の時まで保険料を全額払い込んで、子供の大学入学時から5年間で均等分割受取り
というものです。

短期払いの他にも条件があります

保険料の払い込み期間が短い分毎月の保険料は割高になり、早期に満額を払い込み終了させることは両社共通です。
A社は、18歳になるまでの間保険会社にお金を預けた形になるので、利息が大きくなるという方法。
B社は、10歳までとA社より支払期間が長い分、22歳までの長期受取とすることで利息を稼ぐ方法。
になります。
今販売されている学資保険で戻り率を高くするには、短期払いが必要。ということになります。
ちなみにA社学資保険は毎月払いで無く、毎年一回払いする年払いがあり、毎月保険料を納める方法と比較して、もう少し良い戻り率になります。

AとBの正体は?

保険会社の名前を出して良いのかわかりませんので伏せ字にすると、A社はニ○セイで、B社はソ○ー生保です。
意外に思われそうですが、今は大手生保の学資保険の戻り率が良く、昔学資保険で有名だった外資系などは、今は元本割れ学資保険になりました。

ここで書いている戻り率はこの記事を書いている時点の物なので、学資保険をご検討される際には、保険募集人や当該ウェブサイトなどで詳細のご確認をお願いします。

満期年齢に注意!

戻り率108%以上になる学資保険は、子供が22歳の時に戻り率110%を達成するのです。
子供(二十歳過ぎてるのに子供?)が社会人になるときに最高の戻り率になるのも、イマイチ感があります。
成人後に満期を迎える学資保険は、支払期間や運用期間が17歳18歳満期の商品よりも長いので戻り率が良いのです。

どんなときにいくら受け取れるか考える

社会人になっても子供にある程度の資金を援助したい場合は22歳満期商品も良いと思います。ですが戻り率の良さだけで選ぶと
「あれ?子供が18歳(または17歳)になったのに学資金を全額受け取れないんだけど?入学費用が足りないっ!」という事態になりますので、お金の受取り時期や受取回数をよく確認してから加入しましょう。
学資保険は保障目的と言うより資金を運用する為の保険なので、基本的に加入したら解約して見直すことは無いと思います。ですので最初の選択が本当に重要になります。

学資保険はお子さんの将来の財産になる保険とも言えます。目先の戻り率の大きさだけを見ないで、まずは元本割れしないことを考えましょう。
また、どんな保険料払い込み方法で何歳満期なのかをよく見て、学資保険に加入すべきです。

保険選び元本割れしにくい学資保険は?

あなたのお子さんにぴったりの学資は?

保険の専門家がアドバイスしてくれます

学資保険で悩む必要がなくなりますよ

学資もその他の保険相談も何度でも無料

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


学資保険も死亡保険も検討しましょう

学資保険以外の保険も万全に

学資保険から逸れますが、これだけは絶対にやってはいけないものがあります。
> 「子供の学資保険に入ったのだから親の保障は3,000万円(の定期保険)でいいや」というものです。

生活費がないと進学できません

何がいけないかといいますと
子供に学費を残しても親の保障が3000万円では残された家族は生活できません
お子さんが2人(例、1歳と3歳)いる場合、例えばご主人が死亡したとして、毎月の生活費が25万円(年300万円)かかるとして3000万円のお金では、奥様と二人のお子さんは10年しか生活できません。
遺族年金が入ったとしてもお子さんが社会人になるまでの生活費が保てるでしょうか
もし、ご主人が死亡ではなく社会復帰できないような障害を負った場合は、もっとお金が必要になります。

学資保険の加入と同時に死亡保障見直す

ご主人に万が一があっても、遺された奥様が働けばいいのかもしれませんが
ご主人が死亡の場合はお子様二人の面倒を、ご主人が障害を負った場合は、ご主人の介護と二人のお子さんの世話をしなければならないのです。
こんな状態で奥様が働けるわけがありません。

長くなりましたが、学資保険に加入するときは死亡保険を見直してみましょう。万が一の後、生活費と学費があるのと無いのでは、それ以後の生活と安心感が大きく違うものになると思います。

保険選び 今とこれからの暮らしに合った保険ですか

専門家が丁寧にアドバイスしてくれます

理想的なプランで、ワンランク上の暮らし

何回相談しても無料の保険相談です

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


学資保険以外の学資保険は裏がある?

学資保険ではない子供保険はどのような保険なのでしょうか。また、学資保険の相談をしたら終身保険の話をされたという話の裏には何があるのでしょうか。

子供保険は学資保険ではありません

子供保険と学資保険って何が違うの?と、管理人も思っていました。紛らわしいのが子供保険は、学資保険+医療保障などが付くことが多く
保障機能が付加されたことでで保険料が保障目的にも使われる分、積み立て部分の保険料が目減りし、保険料総額と返戻金を比較すると元本割れになります。

米ドル建て保険を学資保険の代用に

ある国内生保は米ドル建て養老保険を学資保険の代用商品として販売しています。
円貨の学資保険が戻り率108%台が最高だと思うのですが、米ドル建て養老は保険料を5年で払い込みすると、(この記事を書いている時点で)戻り率128%を狙えるそうです。
ただし、例えば保険料払込期間中の平均レートが1ドル=115円だとしましょう。
お子さんが大学に入るときにドルの満期保険を円貨に換算するときに1ドル=85円の場合、元本割れになります。
このような為替差損と、外貨建て保険特有の換算手数料なども含めてシミュレーションして、それでも外貨建て保険が有利と判断できたら本格的に検討すべき保険でしょう。

円貨の終身保険を代用にする話は聞くべきではありません

生保会社の営業職や保険ショップなどで、学資保険の相談をお願いしたら、学資保険の代用で終身保険に加入する事を勧められた。または勧められて終身保険に加入した。という話を聞いたことがあります。

学資保険の話をしているのに終身保険を勧めるというのは、学資保険よりも終身保険を売った方が成績が上がるので、販売手数料が多く入るという、相談者本位では無い販売者本位の話です。
というよりも、最初から考えてもない終身保険を勧めるというのは終身保険の売りつけです。

終身保険にもめりっとはありますが

終身保険なら教育費が欲しいときだけ部分解約すれば、終身保険の残りの部分で一生涯の保障が付くというメリットはあります。
ですが、子供の教育費の為に18年間とか22年間、お金を増やす事だけが目的ではないでしょうか。
それ以外の目的の貯めにお金を払い続ける・あるいはお金を保険会社に預けたままにするというのは変な話ですよね。

学資→終身の話をされたらツッコミましょう

学資保険→終身保険すり替えの話をされたら、学資・終身共に18年間毎月保険料を支払って全部解約したら戻り率は何%になるか聞きましょう。
また、現在販売されている終身保険はほ多くが元本割れ商品で、元本割れしない終身保険は低解約返戻金型という、保険料払込期間まで保険料を払い続けた時だけ元本割れしないという商品です。
すすめられている終身保険の、子供が18歳時点の解約返戻金、保険料支払期間中の罰則、保険料支払期間中の解約返戻金の年毎の変化もしっかり聞きましょう。

外貨建て終身保険

ダークホース的な商品がありまして、外貨建ての一時払い終身保険に加入して10年から15年寝かせると、かなり良い戻り率を望めるようです。
中には120%超えを達成した外貨建て商品もあるようす。
一時払いというのは、保険料全額一回払いの意味です。
外貨建ての一時払い終身保険は、最低保険料が100万円から500万円が一般的かもしれません。余裕資金がある人向けです。

保険選び 更新はありませんか?値上がりませんか?

万が一があっても家族は大丈夫ですか?

医療やガンの保障は古くないですか?


近くのほけんの窓口で気軽に相談できます

専門家が必要額をシミュレーションして

希望を聞いて絞り込んでくれます

もちろん、保険の相談だけでもいいんです


お子さんを連れての保険相談も大丈夫

キッズスペースがあるので安心です


お店の空き状況は簡単に確認できます

予約は簡単、相談は何回でも無料ですよ


保険相談右ほけんの窓口保険相談左