特定疾病保障特約

特定疾病保障特約の意味・解説

特定疾病保障特約は、三大疾病で保険会社が定める所定の状態になったとき、保険会社から特定疾病保険金が支払われる特約です。

特定疾病と保障内容

生命保険で言う特定疾病は「がん、急性心筋梗塞、脳卒中」の三大疾病です。
特定疾病特約は、被保険者(保険が掛かっている人)が存命で、この三種類の病気のいずれかが生命保険会社が規定する状態になったときに、特定疾病保険金が支払われます。
また、この三種類のうち一つについて保険金が支払われた場合に特約が消滅する、一度だけの使い切り保障になります。

例えば保険会社所定の急性心筋梗塞で特定疾病保険金を受取ると、後にがんになっても脳卒中になっても特定疾病保険金は受け取れません。
もしがんと脳卒中を併発した場合でも、保険金が二倍になることはありません。

三大疾病の支払条件は細かい

三大疾病についての保険会社の細かい規定は保険募集人に聞いて頂くとして、三種類の病気について各生命保険会社で共通する支払条件があります。

がん
がんは医師による病理組織学的所見(生検)によって診断確定された、悪性新生物に限り保険金が支払われます。
上皮内新生物と皮膚がんは保障されません。
また、責任開始日から90日(待期間)以内の乳がんを保障しない保険会社と、待期間内の全てのがんを保障しない保険会社があります。
生涯初めての悪性腫瘍の診断確定についての保障なので、この保障の責任開始前に一度でもがんに罹患していた場合は保障されません。

急性心筋梗塞
責任開始期以後の急性心筋梗塞の発病が保障対象で、狭心症などは対象外です。
その発病について初めて医師の診療を受けた日から、労働制限を必要とする状態が60日以上継続したと医師に診断されたときに、保険金が支払われます。
この労働制限を必要とする状態は、軽労働、事務的労働などの座業、軽度の家事等まはできても、これら以上に負担がかかる活動は制限される状態です。

脳卒中
責任開始期以後の、くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞、の発病が保障対象です。
その発病について初めて医師の診療を受けた日から60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師に診断されたときに、保険金が支払われます。

まずはしっかりした医療保険を

医療保険であれば、三大疾病で入院日額の倍の金額の給付金が支給されたり、入院日数の限度が倍になったり、中にはがんについては日数無制限の入院ができる商品もあります。
医療保険の保障は特定疾病特約よりも複雑ですが、怪我の入院も含むので保障の範囲が広がり手厚くなります。
まずはよく検討した医療保険に加入しておいて、その上で特定疾病特約を付加する必要性を検討すべきです。

例えば死亡保険に特定疾病特約を付けたから医療保険は加入しない、という保険の選び方はオススメできません。

上乗せ保障として便利です

現在の日本では、これらの三大疾病になっている人はかなりの割合で、どうしても治療が長引く傾向があります。
特に脳血管系の病気は、治療入院と不随になった部位のリハビリ入院が重なって、合計数ヶ月の入院期間になることもあるのです。
これら三大疾病は、医療費全体でかなりの負担を強いられるのではないかという不安がありますので、特定疾病特約は上乗せ保障として便利な特約になります。
特定疾病保障特約は特約としては保険料が高い部類ですが、現実的にお世話になる確率の高い保障であれば、若く健康で保険料が安い時に十分検討する価値があると思います。

五大・七大・八大疾病もあります

余談です。特定疾病の範囲から外れますが、最近の生命保険会社は五大や七大疾病、住宅ローン付随の保険は八疾病または八大疾病を訴求しています。

五大疾病は「三大疾病+高血圧性疾患、糖尿病」です。
七大疾病は「五大疾病+肝硬変、慢性腎不全」です。
八大疾病は「七大疾病+慢性膵炎」です。
最近ではこれらに「精神疾患」も含めようという動きがあります。

保険選び 医療保険の保障は十分ですか?

保険会社ごとに違う保障をわかりやすく説明

保険の不安を、安心に変えましょう

便利なほけんの窓口の店舗探しは超簡単

医療保険の相談も何度でも無料です

保険相談右ほけんの窓口保険相談左