健康体割引とは

保険料の健康体割引の意味・解説

被保険者(保険を掛けられている人)の健康状況と喫煙状況が、加入したい保険会社の所定の基準を満たすと、保険料が安くなります。
主に通販やネット販売の、定期保険や収入保障保険などで適用されています。

健康体割引とは特約です

健康体割引とは言いますが、実際は会社が規定する健康状況と「喫煙状況」の範囲内に収まれば保険料を安くしてくれる、リスク細分型の生命保険保険料というと、よりわかりやすいと思います。
もう少し細かいことを言うと、実際は保険料の割引特約です。
そういえば喫煙状況も含むんでの健康体割引なので、「健康・喫煙状況割引」と書いたほうがいいかもしれませんね。

最近の健康体の条件

かなり以前は喫煙歴がある/無い。だけの条件で健康体割引が設定されていました。
最近の傾向は喫煙状況に加えて、血圧上下の値やBMI(体重・身長等のバランス)、保険会社によってはある年齢から血液中のGOT値も求めたりします。
まずは喫煙割引関連の話を書いて、その後に(喫煙割引を含まない)健康体割引の話を書きましょう。

喫煙状況の判定は1年または2年

非喫煙条件の多くは「過去一年間」の喫煙が無いことです。たまに過去二年間の非喫煙を規定している保険会社もあります。

保険の申込時に喫煙をしていないと告知した場合は、病院で検査、あるいは検査員と対面で、本当に過去1年または2年間の喫煙をしていないという検査結果が必要です。
喫煙者はガンや成人病になる確率が高いのが医学的にも立証されていますので、保険会社しても健康体の加入が本来の相互扶助の考えに即しているというわけです。

喫煙検査は本人の唾液を
喫煙状況の判断は、唾液内のニコチン含有量の検査で判断されます。< /> これは通販・インターネット加入の保険でも「対面」で行いますので、「俺、昨日までタバコ吸ってたけど、唾液検査はタバコを吸わない妻の唾液を提出しちゃえ」的なズルはできません。
この検査はかなり精度が高く、副流煙を常に吸っているような非喫煙者は、喫煙車と判定されてしまうことがあるそうです。

タバコを止める気が無い人は
今タバコを吸っているし、この先止める気も無い!という潔い方は、最初から保険料割り引きを考えない方がいいです。
でも安い保険に入りたいですよね?
でしたら、保険料割引特約自体が無い、ネット販売専門の保険会社の保険商品を検討すると良いと思います。
というのも、同じ(ような)保障なら、保険料割り引きがある保険商品の、保険料割り引きが全く適用できない保険料より、ネット専門保険の保険料が安い場合が多いのです。

禁煙を解除したい人は
1年または2年以上禁煙して、新しい保険の非喫煙割引特約がある保険に申し込んで、唾液検査が終わると、またタバコを吸いたくなるかもしれませんよね。
生命保険は契約時の体の健康状態で加入するものですから、契約後にタバコを吸ったとしても問題はありません。

ですが、タバコを再開したら、保険会社から非喫煙・健康割り引きが適用できなかったとか、中途半端な割引しかできないなどの連絡が来るかもしれません。
仕方ないから他社の健康体割引がある保険に申し込もうとしても、もうタバコを吸っちゃったよぉぉ!というのはマズイですからねぇ。

念のために、生命保険の契約が「成立」するまで待ってください。

では非喫煙判定の話を終えて、健康状況判定話に移りましょう。

健康状況の判定は細かく厳しい

健康状況の判定は、だいたいの保険会社が
身長・体重(BMI値)
血圧上下
の数値を求めてきます。

でもコレが結構くせ者なんですよ。社名を伏せて実例を挙げて解説しましょう。

A社の定期保険の場合
最高血圧は120mmHg 未満 かつ 最低血圧は80mmHg 未満 かつ 過去一年以内の喫煙状況。この三種類の数値だけを求めます。
過去1年以内の喫煙はいいとして、この血圧範囲はかなり厳しいですよね。

さらに、この保険会社の定期保険は健康体割引を適用「できる」「できない」のどちらかでしか判定しません。
血圧のハードルが結構高い上に、落ちるか合格するかのどちらかしか無いのです。

B社の定期保険は
身長・体重、血圧上下、過去2年以内の喫煙状況。を求めますが、身長・体重も血圧上下も、基準範囲を公開していません
喫煙状況は2年という厳しさです。ですが血圧の範囲がA社より緩いかもしれない、という噂はあります。

さらに、保険料割引体系は
非喫煙優良体(ファーストクラス)、非喫煙標準体(セカンドクラス)、喫煙優良体(サードクラス)、標準体(スタンダードクラス)の四種類に分かれます。
非喫煙優良体なら最大50%以上保険料が割引され、標準体は保険料割引がありません。

きの定期保険の標準体(スタンダードクラス)保険料はネット専門生命保険の定期保険よりも保険料が高くなることが多い用です。
ですので、喫煙優良体(サードクラス)または標準体(スタンダードクラス)になったら、ネット専門生保の定期保険も試算しましょう。

C社の「収入保障保険」の割引
健康体割引がある収入保障保険も紹介しましょう。
a.体格(BMI):18以上27未満
b.血圧
 契約年齢20歳から49歳→最低:90mmHg未満、最高:140mmHg未満
 契約年齢50歳以上→最低:100mmHg未満、最高:150mmHg未満
c.契約年齢40歳以上は、血液中のGOT値が30U/L以下。を追加
この三種類全てが基準を満たし、さらに
d.過去一年間の喫煙
も満たすと、最高の割引率になります。ですが、abcを満たしても喫煙がアウトの場合は割引率が下がります。
abcのうち一つでも基準外になると、保険料の割引はありません。

こういう年齢別の血圧範囲は保険料割引に適合しやすそうな気がしますが、これを見るとA社の血圧基準の厳しさが凄くよくわかりますよね?

健康体割引を狙うなら比較を

健康体割引といっても、各社それぞれ喫煙・健康状況判定の項目数やその数値の違いがありますよね。
安くなりそうだから検討するのでは無く、今の自分の健康状態と喫煙状況でも、保険料割引を受けられるかどうか、判定基準をしっかり比較しましょう。

健康体割引がある保険はコレだっ

最後に、健康体割引がある定期保険と収入保障保険、非喫煙割り引きがある終身保険を紹介しておきます。

健康体割引がある定期保険
メットライフ生命:スーパー割引定期保険
チューリッヒ生命:定期保険プレミアム

健康体割引がある収入保障保険
マニュライフ生命:こだわり収入保障
メディケア生命:メディフィット収入保障
ネオファースト生命:ネオdeしゅうほ
ひまわり生命の:じぶんと家族のお守り

非喫煙割引がある終身保険
マニュライフ生命の「こだわり終身保険v2」は、被保険者が1年以上タバコを吸っていないと証明されると、非喫煙者保険料率(ノンスモーカー料率)という保険料割引が適用されます。

保険選び 更新はありませんか?値上がりませんか?

万が一があっても家族は大丈夫ですか?

医療やガンの保障は古くないですか?


近くのほけんの窓口で気軽に相談できます

専門家が必要額をシミュレーションして

希望を聞いて約35社から絞り込んでくれます

もちろん、保険の相談だけでもいいんです


お子さんを連れての保険相談も大丈夫

キッズスペースがあるので安心です

無理に保険を勧めることはありません


暮らしを圧迫しない、あなただけのプラン

お店の空き状況は簡単に確認できます

予約は簡単、相談は何回でも無料ですよ


保険相談右ほけんの窓口保険相談左