保険 通販

通販保険のメリット

通販の生命保険ネット生保や資料請求、電話での資料請求などで加入できる生命保険です。通販保険のメリット・デメリットはどのうよなものがあるでしょうか。対面販売の保険と比較しながら考えてみましょう。


通販保険のメリットはコレだ!

通販保険は保険料の安さが一番のメリットですが、誰にも会わずに保険を選んで加入もできるという気軽さも魅力です。

通販保険は安い!

通販保険と言えば保険料の安さですよね。
簡単に言えば、保険営業職がを介さず人件費を大幅に削っている通販生命保険は、営業職が対面で販売する生命保険よりも凄く安くなります。
ネットで調べられる範囲ですが、例えば定期保険の月額保険料を比較すると
30歳男性、保険金3,000万円、保険期間と保険料支払期間10年の場合

A社対面販売:月額保険料約8,000円
B社ネット生保:月額保険料約3,200円
C社ネット通販非喫煙優良体:月額保険料約2,800円
D社ネット通販非喫煙優良体:月額保険料約2,600円

A社は営業職が出向いてきてくれる対面販売定期保険ですが、同じ保険金で同じ保険期間なのに通販保険会社D社の三倍以上の保険料になります。
非喫煙優良体などの保険料割引が無いネット生保と比較しても、ほぼ2.5倍の保険料になっているので、通販生命保険の安さがわかると思います。

通販保険はわかりやすい

大手生保はイマイチわかりにくい
例えば営業職が保険を販売する大手生保の主力商品は大まかに
パターンA→少ない会社は12種類、多いところは20種類以上もある保障の中から自分や家族の将来に合う保障を自由二選んで組み立てられますよ。という保険
パターンB→基本的に死亡保険と医療保険をくっつけたセット販売保険。
この二つに分かれています。

20種類から選ぶの?
パターンAは、12種類とか20種類以上から自分に合った保障を選べと言われても、正直わかりにくいんです。そこで保険営業がサポートしますよ。という販売手法なのかもしれませんが・・・。
パターンBは、死亡保障と医療保障をくっつけたセット販売保険は、死亡保障の保険金の支払条件がわかりにくいし、医療保障が生涯続くと思ったら保険料を払い終えたら保障切れなど、高度な理解力と覚悟を必要とします。
まぁ、その辺は営業職が助言してくれるんですけど・・・。

通販保険は「わかりやすさ」前提
一方、通販保険は
終身医療保険。終身保険。定期保険。収入保障保険。と、保障別に保険種が成り立っているので、保障と保険種が明確になります。
あくまで保険営業に頼らないことが前提なので、ウェブサイトの説明を見てわかりやくなっていますし、それでも理解しにくい場合はチャット、フリーダイヤル、メールで対応してくれます。

大手生保社員は自社保険商品だけを説明販売できますが、意地悪く言えば自社商品しか説明できないので他社保険との比較は一切禁止なのがちょっと不便です。
通販保険の多くはネットや資料で保険料比較も保障内容の比較もできます。これもわかりやすさの一つではないでしょうか。

保障内容は自分で決められる

定期保険や終身保険なら予算に合わせた死亡保険金を選ぶ事ができます。保険営業などに煽られて高い保険料の保険に加入させられた。などということは避けられます。
また、通販の医療保険やガン保険は、対面販売の医療保険やガン保険ほどではありませんが自由設計できるものも多く、自分に必要な保障を選ぶ事ができます。

保険営業に会わなくていい

どうしても保険営業職が苦手と言う人もいますし、広義で言えば保険無料相談の保険相談員やファイナンシャル・プランナーも保険販売の営業をしていると言えるでしょう。

特に最近は、銀行窓口販売の外貨建てなどの投資目的保険商品で、元本が激減したと訴える高齢者が増えているそうです。
「銀行窓口販売」「外貨建て投資保険」「高齢者」というかなれ狭い条件ではありすが、全ての保険の対面販売が怖いという誤解にもなりかねません。
対面販売保険が悪いという意味ではありませんが、未だに「保険を売りつけられる」「うまく話を誤魔化して高い保険に加入させられる」というイメージがまだ払拭できていないかもしれません。

通販保険なら、保険の営業に会う必要が無いというのもメリットかもしれません。

時間も場所も自由

仕事は忙しくて休みが少ないし、休日は子供と遊びたいし・・・という方は多いですよね。
通販保険なら、どこでも何時でも、ネットで複数の通販保険の保障内容の比較も保険料のシミュレーションもできます。
また時間に関係なく、気に入った保険の加入申し込みも加入手続きも、郵送またはネットで完結できます。保険の比較も加入手続きなども自宅で行う必要が無いので、非常に便利です。
言い方を変えれば、通販保険は時間も場所も選ばず、保険の営業職などにも会わず、自分や家族に最適な保障を選べる保険の総称とも言えるでしょう。

保険選び 更新はありませんか?値上がりませんか?

保険料の相談も保障の充実もお任せ

お子さん連れでも安心のキッズスペース

提案がイマイチなら気軽に断れます

強引な営業はありません。ほけんの窓口の

保険相談は、何度でも無料です!

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


通販保険のデメリットは無いの?

通販型生命保険のデメリットはどのようなものが上げられるでしょうか。
保険料の安さはメリットですが、安い保険料に釣られて保険料払込期間が長期化することや、死亡保険金が少なくなることに気がつかないと後悔するかもしれません。

保険金額がが低くなりがち

通販保険のウェブサイトなどを見ると、まず保険料の安さを訴求しているのが多く、保障内容が二の次になっているようにも思えます。

ある定期保険は700円台の月額保険料で目を引いていましたが、死亡保険金500万円で10年保障だった。などということがあります。
またある通販定期保険の保険金上限は3,000万円なので、が最高額の死亡保険金3,000万円に加入して「最高の保険に安く加入できた」と満足できるかもしれませんが、結構これが勘違いになります。
家族状況によっては死亡保険金3,000なんて少なすぎる保険金になります。
通販の死亡保険は本当に必要な保険金を見極めることが難しいかもしれません。

ちょっと余談。教育費は高い

例えば教育費。
子供が大学を卒業するまでの教育費総額は
保育園から大学まで全て国公立の場合1,000万円から1,200万円
保育園から高校まで全て国公立で大学だけが私立の場合、私立文系大学なら1,200万円前後
私立理系大学なら1,300万円以上は必要だそうです。

重要:生活費と教育費を満たした保険金ですか?

未就学児の子供が二人いるなら、最低でも教育費に2,000万円必要です。
子供が大学を卒業するまで20年としして残りの1,000万円=年額50万円の生活費で20年間の生活が大丈夫な訳無いですよね。
遺した奥さんが生活費の為に働くのはいいですが、小さい子供の躾や教育もできないくらい働くのでは意味がありません。
通販保険に限った話ではありませんが、保険料の安さに釣られて保障が低くなりすぎないように気をつけましょう。

自分で保険金・給付金請求する

保険の営業職がいませんので、遺族が死亡保険金の請求手続きをし、医療保険やガン保険の給付金の請求は自分で行うことになります。
保険金や給付金の請求書は、必要書類が揃っていること、記入漏れが無いことが必須条件になりますので、ミスは許されません。
こういうときに保険営業が来てくれる対面販売の生命保険は便利であると言えます。

終身払に気をつけましょう

通販の医療保険は例えば「月額保険料990円!」みたいに安さを訴求していることがありますが、通販医療保険で保険料を激安にできるのは「保険料終身払い」という、言い換えれば「保険料死ぬまで払い」です。
老後働けなくなって少ない老齢年金だけで生活しているのに、保険料で年金が削られるとも言えます。
また終身払いは、平均寿命まで保険料を払うとして保険料総額が一番高くなる支払方法にもなるので、保険料の安さも大切ですが保険料総額と保険料支払期間を考えてみましょう。

安くて大きな保障のはずが

通販保険でたまに見かけるのが、例えば「死亡保険金5,000万円だけど病気で死んだら保険金2,000万円」という死亡保険です。
日本人の死因はほとんどが病死で、それ以外の事故死亡や災害死亡は極端に少ないそうです。死亡保険金は2,000万円になると考えた方がいいでしょう。
これは誰かが教えてくれるか、自力で死因別の保険であることとそのデメリット理解できないと、万が一の時に遺した家族に迷惑がかかる可能性があります。

通販に無い保険がある

定期保険などは通販でも保険金一億円まで加入できる保険商品がありますが、医療保険などはもう少し保障を厚くしたい場合は対面販売商品でオーダーメイドするほうが有利になります。
また、学資保険は通販商品が無かったと思います。さらに安さに定評のある保険が通販でない場合もあるので、通販だけで自分や家族に会った保障を構築するのは難しい場合があります。

自分で解約できますか?

加入済みの保険を見直すために通販保険に加入する場合は、先に加入している保険を自分で解約する必要があります。
ですが、通販保険の契約が完全に締結されてから解約しないと、万が一通販保険の申し込みが成立しなかった場合に無保険状態になってしまいます。

お宝保険を潰しかねない

リーマンショックが始まるよりちょっと前の保険は、今の超低金利時代の保険よりも保険料に対して受けられる保障や保険金がかなり良く、特にバブル景気が終わった頃までの金利が良い時代の保険は「お宝保険」と言うそうです。
例えば、お宝保険の終身保険の保険料を今の保険料が安い通販の終身保険に見直してしまうのは、解約返戻金が極端に少なくなり大損する可能性があります。
これは通販保険が悪いわけでは無く、お宝保険であるかどうかの判断ができないことがまずいと言ったところでしょう。

通販保険が安いとは限らない

通販保険であっても、保険会社の不得意分野の保険であるとか、加入時の年齢や保険期間などの条件次第では保険料がそんなに安くならないこともあります。
例えばA保険会社の通販医療保障保険よりも、保険無料相談店舗などで扱っているB保険会社の医療保障保険が保障が厚いし安かった。ということもあり得ます。

聞いていないでは済まない自己責任

先に書いたように死亡保険金3,000万円の通販定期保険だけなら、多くの家では保険金不足になるでしょう。
保険金不足や保障不足を教えられずに加入してしまうのも、通販保険の危険性なのです。
家族の為に加入した保険がほとんど役に立たないなどということが無いよう、保険料が安いからと言って過剰に保険に加入しすぎないよう、通販保険であっても適切な保障の範囲で加入したいものです。
自分に掛けた通販死亡保険の保険金が少なすぎたら、死んでからでは責任は取れません。

保険選び 遺した家族に必要な保険金は?

保障内容と保険料の節約も考えて見直し

保険の知識が無くても大丈夫です

約35社から希望を聞いて絞り込み

もちろん保険の相談は何度でも無料

便利なほけんの窓口の店舗探しは超簡単

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


通販保険の最適な選び方

通販保険は、なんと言っても保険料の安さが一番のメリットですよね。時間も場所にも縛られずに保険を選んだり加入手続きもメリットですが、安さにこだわりすぎて必要な保障を満たさないのも困ります。
通販保険を上手く選ぶ方法はあるでしょうか。

まずは適正な保険金を決めましょう

定期保険や終身保険などの死亡保険の場合、死亡保険金はどのように決めていますか。
定期保険は終身保険と比較して保険料が安く保障が大きくなりますが、死亡保険金をとりあえず3,000万円とか、なんとなく5,000万円と決めるのは止めた方がいいと思います。
また、保険料を毎月5,000円払えるから、保険料5,000円で一番保障が大きい通販の定期保険を探すというのも、できれば止めた方がいいです。
保険料の安さにこだわりすぎて保険金が不足していて、遺した家族が生活に困るとか遺した子供が高校進学するお金さえも用意できないようでは困ります。
例えば死亡保険なら、万が一自分死んだとき遺した家族に学費や生活費などが何万円が必要なのかをかっちり計算すべきです。遺した家族に必要な保険金の算出方法を「必要保障額」の計算といいます。

必要保障額を算出できるの?

ネットで「必要保障額」と検索すれば、必要な資料の準備から計算方法まで細かく書いてありますので、なんとか計算できると思います。
ですが、できれば今加入している保険証券を見て保険金や保障内容理解する必要もありますし、必要保障額を減らすために絶対に必要な、遺族年金の算出などが複雑なので結構大変です。

通販保険の自力加入は限界がある

保険金不足で遺した家族が生活に困っても死んでから責任は取れませんし、今まで加入していた保険がお宝保険だったと後から知ったら後悔するだけです。
また、通販の医療保険やガン保険は、大きな給付金出るというのはわかりやすいく表示されていますが、細かい部分に気づけるかが重要です。

例えばガンと診断確定したときに出る大きな給付金が、保険期間中に「複数回無制限で出る、回数に上限がある、一回だけ」なのか。という細かいけど重要な部分がわかりにくいことがあります。
保険期間中に一回だけの給付なら、万一ガンが再発したとにあまり役に立たない保険になってしまいます。こういう細かい部分も読み取れるまで保険の説明を精読するか、誰かに教えてもらう必要があります。

保険の専門家の知識は必要

通販保険は保険料が安く、時間も場所も選ばず、保障内容や保険金額も自分で決められて、保険の営業職に会う必要もありません。
ですが理解が浅いまま自己判断で保険金などを決めて加入すると、万が一のときに役に立たない保険になりかねませんので、一度、保険に詳しい人に聞くのがが賢明だと思います。
保険会社の営業職は自社商品の説明販売だけが許されているので、他社商品との比較ができないのが不便だと思います。できれば複数社の保険会社を扱える保険無料相談に聞いてみるべきでしょう。

とりあえず無料相談するのが一番良いかも

「保険の売りつけはしない」とか、「保険の相談だけで大丈夫」と書いている保険の無料相談で
●遺した家族の必要保障額
●加入中の保険の、お宝度合い
●検討したい保険の保障内容
を教えてもらうといいと思います。
保険の無料相談でも通販保険会社の商品を扱っているので、希望に沿いながら保険見直し案を立ててくれるでしょう。

話を聞いてもイマイチな感じがするなら気軽に断れますし、見直し案に興味が出たらもう少し細かい話をするのもいいと思いますよ。
@それを参考にして話を聞いて終わる A納得する部分があれば一部だけ無料相談で加入してもいいでしょう。
B全部ちゃんと納得できる見直し案なら、保険の申し込みから既存の保険の解約手続きまで全部お任せでいいと思います。

保険選び 遺した家族に必要な保険金は?

保障内容と保険料の節約も考えて見直し

保険の知識が無くても大丈夫です

約35社から希望を聞いて絞り込み

もちろん保険の相談は何度でも無料

便利なほけんの窓口の店舗探しは超簡単

保険相談右ほけんの窓口保険相談左



当サイトの訪問数Best5 !

 


第一位

訪問数 第一位
人気ページ危ない保険会社ランキング
実は保険会社ランキングのページになりますが、順位を下から見て頂くと「危ない保険会社ランキング」になります。

 


第二位

訪問数 第二位
人気ページ保険の選び方
20歳から59歳まで年代や既婚・子供がいる家庭などの生活状況を六種類に分けて、基本的な保険の選び方を書きました。

 


第三位

訪問数 第三位
人気ページ生命保険会社 売上ランキグ
保険会社の生命保険料「だけ」の売上高を「保険料等収入」と言います。32社の保険料等収入をランキング形式で記載しました。

 


第四位

訪問数 第四位
人気ページかんぽ生命
かんぽ生命は他社の生命保険より安いでしょうか?高いでしょうか?また、かんぽ生命の「加入年齢盛り」なども書きました。

 


第五位

訪問数 第五位
人気ページオリックス生命
このサイトは何故かオリックス生命の人気がとても高いです。何故沢山見て頂けるのかわかりませんが五位は嬉しいです。

 



専門家が無料でアドバイス 保険相談左ほけんの窓口