40代 保険 保険料 見直し

40代は保険の見直し年代

40代は住宅ローンや教育資金など大きなお金が必要になる世代です。また加入していた保険が更新されて保険料が値上げされる年代なので、これを機に保険を見直すべきかもしれません。



保険の更新が来る!

多くの40代は加入している生命保険の更新期を迎えるのではないでしょうか。生命保険の更新は、加入後に傷病歴があったとしても、保障内容はそのままでその保険の補償を継続する代わりに、更新時の年齢に合わせた保険料に更改することです。

短く言えば、保険料を上げる代わりに保険の内容はそのまま継続してくれるようなものです。

更新は年齢に合わせた値上げ

ただ、年齢に合わせた保険料というのがクセモノで、例えば28歳で加入した保険の月額保険料が約20,000円だったのに15年後の更新(43歳)以後、月額保険料が約38,000円になるなど、更新後の保険料はかなり上昇します。
契約によっては保険料が2倍以上になる事もあるそうで、夫婦で更新型の保険に加入していると、それぞれの保険の更新後の保険料は家計に大きな負担になるでしょう。40代は保険を見直したくなる年代でもあるのです。

住宅ローンと、大きくなる教育費

仕事が充実し重要なポストに就く年代でもあるので、20代30代よりも遙かに収入が多くなりますが、家計という出費も大きくなっているのではないでしょうか。
多くは住宅ローンを抱えています。また、子供の学費も急激に高騰する年代でもあるので、余計な費用は少しでも削りたいというのか本音でしょう。
そんなときに、いきなり保険の更新=保険料の急激な値上げ通知が来て驚いてしまうのではないでしょうか。家計の面からも、保険料を抑えるような見直しを考えるのが先決ででしょう。

子供がいない40代でも見直しは必須

子供がいる家庭前提で書いてきましたが、独身のや、生涯子供を作らない夫婦も大きな保険料の値上げはあまり良い気分にはならないですよね。

40代の独身が結婚できる可能性は極端に低いそうなので生涯独身を覚悟したとしても、保険料の値上げを押さえて老後資金にお金を回したいのではないでしょうか。
子供を作らない夫婦にしても、保険料にお金を使うより老後に向けた資金や資産作りに注力したいものです。

保険選び 更新後の保険料は大丈夫ですか?

お子さん連れでも安心のキッズスペース

無理に保険を勧めることも無いので

近くのほけんの窓口で気軽に相談できます

店舗検索簡単、保険相談は何回でも無料

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


子供の年齢で保険金が変わる?

定期保険などの死亡保険は子供の年齢に応じて設定すべき保険金が変化すると言えるでしょう。末子の年齢次第で保険料を下げられるかも。

保険料を下げられる かも

実は子供がいる家庭なら、万が一世帯主が他界した後の家庭を守るための「保険金」は減額してもいいのです。
例えば夫の死後、大まかに子供の学費と生活費を確保するために定期保険などの死亡保険に加入すると思いますが、夫が他界した後に子供が大学を卒業するまでの生活費と学費を保障すればいいのです。

子供というより末の子が0歳なら、22年間の生活費と大卒までの学費、末子が10歳なら12年間の生活費と大学卒までの学費、末子が高校を出ていれば4年間の生活費と大学だけの学費が保険で用意できていれば十分です。
このように、今子供が何歳なのか、何年間の保障が必要なのかを考えれば、死亡保険の場合保険金を必要な金額まで削ることで保険料を抑えられるかもしれません。

保険は子供が大きいなら減額!

40代というと子供が高校生・大学生以上の方も多いでしょう。子供はあと数年で数年で社会人になりお金を稼ぐことができます。
子供が全員高校生以上であれば、例えば明日夫に万が一があっても子供が大きいので奥さんはある程度働けます。末の子供が18歳の3月まで遺族年金が出ることを考えれば、死亡保険金を下げられます。

40代でも子供が小さければ増額!

0代でも、まだ未就学児のお子さんがいる家庭では、若い頃に加入した死亡保険の保険金は、夫の死後の家庭を守れる必要十分な金額になっているでしょうか。
保険金が少なすぎて、万が一夫が他界した後高校進学さえできないようでは困ります。まずは必要な保険金を知る事から考え直すべきでしょう。

保険選び 昔の保障内容で、今後も大丈夫ですか?

試しに一度 ほけんの窓口で無料相談

約35社から意向に沿って絞り込んでくれます

予約は簡単!無理な勧誘はありません

もちろん、保険相談は何度でも無料です

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


40代の、捨てる保険と生かす保険

保険料を節約するために今ある保険を全部変えてえてしまっても、逆に大損することもあります。

既存の保険を減額して続ける

40代の人が加入している更新型の保険は死亡保障と医療保障が一緒になっているものや、アカウントという難解な貯金と死亡保障・医療保障などが付いているものが多く、どちらにも共通するのが「更新後の保険料の大幅上昇」です。
先に書いたように、死亡保険は子供の年齢によって大幅に減額していいかもしれません。もし死亡保険部分がこの先保険金過多になるようなら、死亡保険部分だけを減額できるか聞いてみましょう。
もし死亡保険部分を減額できたら保険料も下げれますが、更新後の保険料の大幅上昇が小幅上昇に止まる程度にしかならない可能性もあります。

保険を全部変える

更新型の保険の弱点は保険料の大幅上昇だけでは無く、更新しても保障内容はそのまんま不変であることも弱点なのです。
例えば更新しても医療保障部分は「保障内容がそのまま継続される」ので、最新の医療保険にはなりません。15年前に最新だった、今では古い保障をあと15年続ける事になります。

また、更新型保険に含まれる医療保障部分は生涯保障をせず、保険料払込期間が終わると保障が無くなることが普通です。例えば40歳で更新した保険の医療保障部分は15年後の55歳で保険料払込が終わると同時に保障が無くなります。

もちろん、55歳になっても医療保障を続けたければ55歳なりの保険料を払って継続することも可能と思われますが、55歳で更新したときの保険料は、保険料を払い続ける事がイヤになるくらい高くなると思います。
でしたら、死亡保険部分は減額して末子が大学を出るまでの短期間で安く、医療保障部分は生涯保障と最新の保険を狙って新しく。ということで保険を全部新しくするのもいいかもしれません。

むやみに解約しないことも大切

だいたい40代以上の方が若い時に契約した、終身保険、養老保険、個人年金などで、保険料総額よりも遙かに大きい戻りが確約されていれば「お宝保険」なので、解約せずに継続すべきです。
また、単品医療保険やガン保険も昔の物は、現在販売されている物よりも保険料の割に大きな保障になっているものが多く、これらもお宝保険と言えます。

特に古い終身保険、養老保険、個人年金の貯蓄系の保険にを継続していて、生命保険会社の営業職が新しい保険に変えることを頻繁に勧めてくる場合、新しくすると大損するくらいのお宝保険である可能性が大きいです。
その話に乗る前に新旧の保険の予定利率を確認して、損するかもしれないと思ったら古い保険の解約はしないか、その契約を生かしながら保険金を減額するなどして保険料を減額する方法を相談してみましょう。

下取りも転換もよく考えて

お宝保険の共通点は「高い予定利率」です。予定利率は保険契約が継続する限り保障される金利ですが、お宝保険の高い予定利率を維持し続けることは保険会社にとって大きな負担になってしまいます。
そこでお保険を現在販売されている低予定利率の保険に切り替えさせることで保険会社の負担を減らすために、お宝保険を解約させて現在販売中の保険に加入させるそうです。
この新旧の保険の入れ替え加入を「転換」と言いますが、古い保険の保険の下取りとも言います。
保険の営業職に古い保険契約の転換や下取り勧められたら、お宝保険が消えることでメリットがあるのかどうか確認してみましょう。

保険選び 必要な保障と保険料のバランスが・・・

希望を聞いて約35社から絞り込んでくれます

保障と保険料をシミュレーション

もちろん保険の相談は何度でも無料

便利なほけんの窓口の店舗探しは超簡単

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


40代の各種保険のヒント

終身保険や定期保険、医療保険などの各種保険は、どのような基準や考え方で選んだり保険金を設定すべきでしょうか。

終身保険

終身保険は中途解約してもお金が残る保険という安心感があるものの、安易に解約すると損するかもしれない保険です。
この年代の20代や30代早期で加入した終身保険なら、保険料支払期間が終了した時点で保険料総額よりもかなり大きな解約返戻金を望めるかもしれません。そのような高い貯蓄効果を得られる昔の保険もお宝保険です。
一方でマイナス金利や超低金利時代の今の終身保険は払込保険料総額よりも解約返戻金が少なくなる事が当たり前です。

特に40代以後は同じ保障でも保険料は高くなりがちです。若い頃に契約した今継続中の終身保険を解約して、今発売されている終身保険に加入し直すと大損するかもしれません。
もし加入中の終身保険の保険料がどうしても高くて仕方ない場合は、お宝保険であるかどうか確認してから保険金の減額による保険料の減額を考えてみるといいでしょう。

40代の定期保険

安い保険料で大きな保障を得られるのが定期保険ですが、先に書いたように子供が既に大きくなっている場合、数年分の学費と生活費を保障できる保険金まで減額することで保険料を減らすことが得策でしょう。

子供がまだ小さいのであれば、これからの子供の進路を考えた上で保険金を増額すべきです。

例えば保育園から大学まで全部国公立にしても、子供一人の教育費は1,100万円必要と言われますし、大学だけ私立私立文系の場合は1,300万円の教育費が必要だそうです。
大学だけ私立音大にすると教育費総額が1,600万円、幼稚園から大学まで私立の場合は2,500万円以上の教育費総額だそうです。
将来お子さんにどのような進路に進んで欲しいか考え、それに合わせた死亡保険金を設定すべきでしょう。

聞いたことある?収入保障保険

特に中学生くらいまでのお子さんがいる40代は、死亡時の保障の一部を収入保障保険で考えてみるのもいいでしょう。
収入保障保険は、大きな保険金が一回で支払われる定期保険と真逆的な保険です。
例えば40歳の夫が60歳までの保険期間で契約して運悪く翌日に他界した場合、毎月15万円などの一定額のお金(年金)が、夫が生きていれば60歳になる年まで毎月支払われ続ける保険です。
保険期間が終わるまでの残月数に比例して年金総額が減っていくので、年月と共に減っていく保障すべき生活費を合理的に保障することができ、保険料を安く抑えることができるので、最近人気が出てきている保険です。

最近は、子供が大学を卒業する残年数に応じて減っていく生活費の保障は収入保障保険に、その他の大きな資金が必要になる学費などは学資保険と定期保険で保障することで、合理的に安く大きく保障するそうです。

必須!40代の医療保険

40代以後は大きな病気になる可能性が高くなります。もしかしたら医療保険を見直せる最後の年代かもしれません。
医療保険は保障が薄く生涯保障をしないことで保険料が安い物、保障が厚く生涯保障をするので保険料が高くなる物などたくさんの商品がありますが、極力終身保障を考えるべきです。

そこで問題なのが入院日数です。終身保障なので老後も考えた保障にすべきなのですが、例えば入院給付が30日の保障でいいでしょうか。
老後に骨折した場合など、30日で完治して社会復帰できるでしょうか。では入院給付60日にすればいいのでしょうか。
骨折や脳梗塞などは社会復帰するためのリハビリ入院も必要になります。終身医療保険は「治療入院+リハビリ入院」も考慮した医療保険を選びたいですね。

女性専用保険

女性だけが加入できる医療保険を女性専用保険とも言いますが、女性特有の疾病などの場合に通常の医療保険よりも給付金が多く支払われたり入院給付金の支払期間が長くなるなど、保障が厚くなります。
ですが、女性専用保険だけが女性特有の病気について保障する野では無く、女性専用保険では無い普通の医療保険であっても保障する範囲は同じなのです。

40代以後のの女性は女性専用保険を好む傾向があるそうですが、保障範囲については女性専用でも通常の医療保険でも同じなら、保険料節約効果を狙って通常の医療保険に加入するの良いでしょう。
また、五年や十年毎など健康祝い金が出る保険がありますが、年を取ったら健康祝金がもらえる可能性が極端に低くなることなどを踏まえて、健康祝金付の保険の損得を考えるべきでしょう。

血縁次第?40代のガン保険

ガン保険も40代が最後の加入チャンスかもしれません。管理人の個人的な意見としては、三親等以上離れていても血縁でガン経験者がいるのなら加入しおくべきでしょう。
また、祖父祖母親兄弟がガンで他界しているのであれば、保障が厚いガン保険の加入をしておいてもいいのではないでしょうか。
ガン保険は、悪性腫瘍と診断確定したときの大きな給付金が複数回出るものもあれば、保険期間中一回だけのものもあります。
また、入院給付金、手術給付金、診断給付金など細かく支給してくれるガン保険が一般的ですが、ガンと診断確定すると数百万円の給付金を一括払いするガン保険もあります。

老後資金に40代からの個人年金

子供が大きくなったのであれば、本格的に老後資金作りを考える時期になるでしょう。子供が大きくなり保障すべき年数が減って家族を守る保険のお金を減らした分を、老後資金に回す感じになるでしょうか。
貯蓄目的の生命保険は終身保険、養老保険、個人年金になります。
ですが今の円貨の生命保険は予定金利が低いので、これらの保険は保険料払込総額よりも受取るお金が下回る可能性が大きい(元本割れ)を起こしやすくなっています。
個人年金の受取金総額は払込保険料総額の103%もあれば良いほうではないでしょうか。

理解できるうちの外貨建て

わざわざ円貨の保険の予定金利が低いと書きましたが、老後資金作りで注目されているのが、外貨建ての個人年金と終身保険です。
外貨建ての生命保険は為替リスクがあるものの、米ドルなど日本円よりも高い予定利率で高い運用効果を望めます。

高齢者が銀行窓口で販売されている外貨建て保険商品をでトラブルという話もありますが、保険に慣れていない銀行員の説明にも責任があるかもれません。
外貨建てを検討するなら、保険会社の営業職は他社商品との比較ができないので、複数社の保険を比較販売できるファイナンシャル・プランナーや保険ショップなどの無料相談がいいでしょう。

保険選び 保険の知識が無くても大丈夫です

専門家がわかりやすく説明してくれますよ

約35社から希望を聞いて絞り込み

もちろん保険の相談は何度でも無料

便利な ほけんの窓口 の店舗探しは超簡単


40代の保険プランを作るなら

ここまで読んで頂いて、もしかしたら40代の保険の見直しや選び方について迷いや疑問が増えたかもしれません。それは各個人や各家庭で必要になる保険種も保険金・給付金も違うからです。

各家庭と各人で違う保障

例えば死亡保険は子供の有無、子供の年齢や人数、子供の進路などでで準備すべき死亡保険金は全く違いますので、ありきたりですが40代の保険に標準となるようなプランは存在しません。
長くなるのでこのページでは説明を割愛しますが、死亡保険は、夫が万が一他界した後の遺された家族にどのくらいのお金が必要かという「必要保障額」を計算する必要があります。

また例えば、40代ということで最後の加入チャンスとなり得る医療保険の見直しは、保険会社によって食い違う保障内容の違いを明確にしながら比較し、自身に合う商品を選ぶ必要があります。
このようにしながら、自分や家庭の将来に合う保険プランの構築が必要になると思います。

専門家に相談するのがベスト

40代の各家庭、各世帯、各個人毎に必要な保障額も保障内容も違うので、もしベストな保険があるとすれば、個別に詳細を汲んでくみ上げた保険がベストでしょう。

何種類もある保険商品から希望に合う商品を選び、さらに保障内容や保険金額・給付金額などを突き詰める作業はとても大変です。
結局保険の無料相談やファイナンシャルプランナーの専門家に相談しながら複数の保険を組み合わせるのが一番になります。

保険の無料相談というと、保険を無理に勧められそうに感じるかもしれませんが、そのようなことをした担当者はクレームを言って外すこともできるので安心です。
保険の無料相談は、家を選ぶときに住宅営業職のアドバイスを聞いてから選ぶのと似ています。

これから先を考えて試しに一度、保険の無料相談をしてみるのも良いと思います。

保険選び 更新はありませんか?値上がりませんか?

万が一があっても家族は大丈夫ですか?

医療やガンの保障は古くないですか?


近くのほけんの窓口で気軽に相談できます

専門家が必要額をシミュレーションして

希望を聞いて約35社から絞り込んでくれます

もちろん、保険の相談だけでもいいんです


お子さんを連れての保険相談も大丈夫

キッズスペースがあるので安心です

無理に保険を勧めることはありません


お店の空き状況は簡単に確認できます

予約は簡単、相談は何回でも無料ですよ


保険相談右ほけんの窓口保険相談左