保険を比較方法はコレだっ!保険種類別の着目ポイントを解説!

保険の比較方法を解説します!

保険を選ぶ時に保険料の比較だけで終わっていませんか、保障内容もしっかり比較していますか。
保険単純な商品から複雑な商品まで様々ですが、一番大切な保障内容の比較について解説しましょう。

医療保険の比較

複数社の医療保険を比較することは、「わかりにくい」「文言が微妙に違う」「パンフレットなどに書かれていないことが大事」ということもあり、かなり難しくなります。
老後になって後悔しないよう、今のうちに熟考して比較する必要があります。

三大疾病は各社で微妙に違います

三大疾病についての保障はよく見聞きする保障で、三種の病気のいずれかに罹患すると入院日数が無制限保障になるなど、保障内容が格段に良くなります。
ただし、三大疾病は保険会社によって
●三大疾病1.ガン・心疾患・脳血管疾患
●三大疾病2.ガン・急性心筋梗塞・脳卒中
の二大流派?に別れます。違いがわかりますか?

先に三大疾病2は、「急性心筋梗塞」「脳卒中」と、心臓と脳の病気を限定しています。
三大疾病1は、急性心筋梗塞を含む心疾患、脳卒中を含む脳血管疾患と、保障範囲が広くなっています。もちろん保障範囲が広い方がいいですよね。
ぱっと見ではわからないような文字の違いが保障の違いになっているという好例でもあるので、医療保険を比較するときに気をつけましょう。

三大疾病の特約も比較しましょう

三大疾病に罹患すると保険料免除になる特約を付けられる商品がありますが、保険会社によって保険料免除の条件が違います。
A生保は、保険会社所定の状態が数十日続いたと診断確定した場合。
B生保は、三大疾病で治療入院を開始した時点です。
A生保の保険料免除の条件が緩いというか低いというか、凄く良いと思いませんか。

三大疾病でもガンの扱に違いがあります

A社とかBなど関係なく、多くは三大疾病で入院日数無制限になる場合は、ガンに上皮内新生物を含みます。
ですが三大疾病の保険料免除については上皮内新生物が含まれないなど、同一商品内でも特約や保障が違うと三大疾病の範囲が変わることがあります。
この違いも、比較と言うよりも把握しておきましょう。

七大生活習慣病も違います

三大疾病の次は七大疾病の話をしましょう。
多くの医療保険は七種の病気のうち、ガン、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患の保障はほぼ共通しています。
ですが肝臓と腎臓について
●肝疾患・腎疾患と広い範囲を担保する医療保険が多数
●肝硬変 慢性腎不全と、病気を限定する医療保険もあります。
例えば、七大生活習慣病の場合は入院日数上限を60日増やして保障します!と派手に書いてあっても、保障範囲が狭くなっていないか、注意して比較しましょう。

上皮内ガンを保障しない医療保険がある!

そもそもと言いますか、上皮内新生物は転移の心配が無いので保障が軽いのだと思います。
それでも最近の医療保険の上皮内新生物の保障は、上皮内新生物の保障に近いとか、半分程度の保障を受けられる商品が多くなりました。

上皮内新生物も悪性新生物と同じ保障内容が受けられる医療保険もあります。
上皮内新生物の保障が薄い医療保険でも、保険期間中に一回だけ悪性新生物の半額を保障する医療保険もありますが、上皮内新生物の保障が無い医療保険は珍しいです。

悪口になりかねないので会社名を書きませんが、ある生保会社の医療保険は、上皮内新生物について診断給付(一時)金などの大きな保障がありません。
上皮内ガンで手術入院をしても、入院給付金と手術給付金がが支払われるだけです。
同じ会社のガン保険であれば、悪性新生物よりも保障は薄くなりますが上皮内新生物の保障があるのに、医療保険になると上皮内新生物の保障が無くなるのは不思議です。

その手術は何倍ですか

最近の医療保険は1,000種類の手術について保障するなど、派手な数字が見られるようになりましたが、千種類の手術の担保は当たり前になりました。
入院中の手術なら一律で入院給付金の20倍を支払う、手厚いの手術給付金を備えた医療保険も見られます。

また、開腹・開胸・開頭手術で入院給付金日額の30倍や40倍、それ以外は15倍を支払うなど、手術の種類によって入院給付金に対する倍数が変わる医療保険もあります。
一回の手術で入院給付金の何十倍も出る手術給付金も、派手と言えば派手な保障です。
この開腹・開胸・開頭手術に、腹腔鏡術・胸腔鏡術・穿頭術という「穴」を数カ所開けて棒状のカメラと鉗子を入れて行う手術を含めるか含めないかで、倍数が大きく違います。

身近になっている手術

腹腔鏡術・胸腔鏡術・穿頭術は結構身近になっていて、例えば初期の大腸ガンなら腹腔鏡術で大腸の切除をするのが普通です。
さらに、胃ガンや食道ガンで大動脈にも悪性腫瘍が張り付いている疑いがある場合、大動脈の悪性腫瘍の大きさや形を調べるために、腹腔鏡術で目視検査をすることもあります。
これらの「穴を開ける」手術は、体を切る手術よりも負担が少なく入院期間も短いので、この先、治療手術でも検査手術でも多用されてより身近になる手術なのです。

40倍を出すつもりがない医療保険?

話が長くなりましたが、検査目的でも使われる穴開け系の手術を、開腹手術に「含める」保険会社があれば、開腹手術に「含めない」保険会社もあります。
では、例えばA社もB社も入院中の開腹・開胸・開頭手術について入院給付金日額の40倍の給付金で、その他の入院中の手術は15倍を支払うとしましょう。
C社:穴開け系の手術を含まない
D社:穴開け系の手術を含む
としたら、どちらが40倍の給付金を受取れる可能性が大きいでしょうか?もちろんD社ですよね。
C社は40倍の手術給付金が支払われる可能性が低くなるため、実質15倍の医療保険になる可能性が大きくなります。
ですが、C社の医療保険のウェブサイトに(例)「大きな手術は40倍!」と大きく書いてありますが、「腹腔鏡術・胸腔鏡術・穿頭術を含みません」とは書いてありません。

医療保険はインパクトを疑え?

保険料安い!大きな手術は他社より大きなお金が出る!というインパクトに惹かれてしまうと、後で「何で給付金がこれだけなの?」ということになるかもしれません。
せっかくの医療保険がたいして役に立たないのは嫌ですよね。
手術給付金は1,000種類対応で大きな手術は40倍の支払い!などと書かれると安心感があるので、細かい部分をツッコむことさえ忘れてしまいます。
「高倍率給付にどんな手術が含まれているのか」も、保険会社毎に比較する必要があります。

医療保険は老後を考えましょう

多くの方が終身医療保険を選ぶと思いますが、終身=老後も医療保険の保障が必要。ということになります。
65歳以上になると肺炎での死亡が多くなりますが、肺炎は3大疾病も7大生活習慣病にも該当しない病気で、罹患しても延長保障になりません。
また、老後は骨折入院も多くなります。

この問題を解いてみましょう

入院給付日数上限が1入院に付き60日の医療保険に加入している場合、例えば老後に

●入院1:肺炎で40日入院
●4か月(122日)後
●入院2:骨折で55日入院

をした場合、入院給付金はどのように支払われるでしょうか?

この解答の理由がわかりますか?

え?そんなこと聞くの? 給付日数上限が60日なのだから入院1が40日分、入院2は55日分支払われるよね? と思いますよね?
これは保険会社によって答えが違います。
解答A:入院1は40日分支払われて、入院2は20日分支払われる。よって入院2の残り35日分は自腹。
解答B:入院1も入院2も入院日数分満額支払われる。自腹を切らない。
この2種類のどちらかになります。

解答Aはショックですよね。何のための医療保険なのかと思いませんか。

医療保険は複数回入院の1入院通算があります

解答Aで二回目の入院が20日分だけ支払われない理由は、複数回入院の1入院通算が原因です。
入院2の退院後、保険会社にこの2回の入院は連続した95日間の1入院に通算され、95日間の入院に対して上限の60日分の入院給付金が支払われたのです。
よって95日-60日=35日分は保障対象にならず自腹になります。少ない年金でやりくりしている老後に35日分も自腹になるのは痛いですよね。

180日規定があります

多くの保険会社で、複数回の入院期間の間隔が180日以上離れていない場合は1回の連続した入院に通算するという規定があります。
入院1の退院日と入院2の入院日は122日しか離れていないので、2回の入院が1回にまとめられたのです。

ですがこれではでは解答Bは成り立たないはずです。
実は保険会社毎に180日規定の細かい部分で取扱の違いがあるので、解答が二種類に分かれるのです。

W社:180日以上離れていない、傷病の入院は全て1入院通算
これが解答Aです。

解答Bになる規定の保険会社は複数あり
X社:180日以上離れていない入院でも入院の原因に重大な関連性が無い場合は別入院にする。
Y社:180日以上離れていない入院でも、入院1は疾病入院給付金の対象で、入院2は傷害入院給付金の対象なので別入院。
Z社:1入院通算は入院期間の間隔が30日以上離れていることが規定なので、122日も離れていれば別入院扱い。
このような規定の違いがあります。
Z社も複数入院の1入院通算がありますが、180日規定ではなく30日規定になっているという、大サービス規定になっていたというオチです。
ですが、このような規定もパンフレットなどにわかりやすく書いていないので、自分でこの違いを見つけるのは難しいのです。

1入院通算に30日以上の基準を採用しているのは管理人が知る限りZ社1社だけで、解答Aになるような規定の生保会社が多数だと思います。
もちろん、格安生保会社でもX社やY社のような規定を採用しいてる医療保険がありますので、老後もしっかり考えながら医療保険を比較しましょう。

保険選び 医療保険の保障は十分ですか?

保険会社ごとに違う保障をわかりやすく説明

キッズコーナー・授乳スペースもあります

あなたの安心を叶える、しっかりしたプラン

医療保険の相談も何度でも無料です

保険相談右ほけんの窓口保険相談左


ガン保険の比較

医療保険でガン保障に触れたので、軽く解説します。

大きく分けて二種類

ガン保険は基本保障の範囲で支払われる給付金や一時金で大きく二種類に分けられます。
1.ガンと診断確定されると、ガン診断一時金や給付金が支払われ、他にガンの手術やガン治療の入院について、ガン手術給付金やガン入院給付金などが多項目で支払われる。
2.悪性新生物と診断確定されると悪性新生物診断給付金が(例)300万円が一括で支払われるだけ。手術給付金などは基本保障に含まれない。
この二種類です。
1.の支払方法を採用しているガン保険が多く、2の支払方法を採用しているガン保険は多分F社の有名なガン保険だけだと思います。

初回と二回目以降

初回のガンだけは、確定診断すれば例えば100万円のガン初回給付金が支払われ、別途でガン診断給付金が100万円支払われるような、初回は手厚いガン保険が一般的です。
2回目以後ののガンは、多くが診断確定しただけではガン診断給付金が支払われず、ガン治療の入院を伴わないと支払われないガン保険(医療保険)がほとんどです。
それでも2回目以後のガンでも、契約した一時金が回数無制限で支払われるガン保険もあれば、保険期間中5〜6回が支払限度のガン保険もあります。
直近の血縁の方がガンになったことがあるなどで、ガンに対する備えを重厚にしたいのであれば、一時金の支払回数無制限のガン保険がいいでしょう。
血縁にガンの罹患者はいないけど、念のためにガン保険に加入しておきたいのであれば、保険料の安さを考えて一時金の支払回数が有限の商品が良いと思います。

受賞とか好評価とかは無視!

特にガン保険は(医療保険も)○○受賞!とかプロが選ぶとかなど、目立つ場所に書いてあったりしますよね。
例えば何かを受賞!と書いてあるガン保険の保障内容をよく見たら、ガン診断給付金が保険期間中に1回だけ出て、2回目以後の診断給付金が無い商品だったりします。
2回目以後の診断給付金はありません。と大きく明記してあればわかりやすいので、そういうガン保険なんだな、と納得できますが、明記が無いのでイマイチわかりにくいのです。
複数回のガンにならない自信があるなら良い商品かもしれませんが、何かを受賞するようなガン保険だから安心ということで加入して、もし複数回のガンになったら大変です。
受賞とか好評価などは考慮せず、各社の給付形態や給付回数の上限をしっかり比較しましょう。

保険選び その保障内容と給付金でいいですか?

専門家が無料でアドバイスしてくれます

保険の不安を、安心に変えましょう

お子さん連れでも安心のキッズスペース

もちろん保険の相談は何度でも無料

保険相談右ほけんの窓口保険相談左

そもそも何万円の死亡保険金にすべきか

医療保険系の話は終わりにして、ここから死亡保険の比較について書いていきましょう。

その前に余談ですが、死亡保険金の総額は何万円にしていますか? 1億円ですか? 2,000万円ですか? 何を根拠に何万円の死亡保険なら適正か、考えたことはありますか?
家族に遺すべき死亡保険金の金額は、遺された家族が困らない金額になります。

義務教育後に働くことを否定したり卑下するのではありませんが、死亡保険金が足りなくて子供が中学を出た後に働き出すのを、あの世で後悔するわけにもいきません。
ご主人が突然他界したとして、死亡保険金不足で遺された奥さんが仕事やバイトを複数掛け持ちして子供を育てるのも限界があるでしょう。

子持ちの夫婦でも、子供がいるシングルマザーであっても、遺された家族に支給される公的補助金などでは足りないお金を補填するのが死亡保険金です。
適正な死亡保険金の計算方法は長くなるので別ページに書いてあります。良ければ必要保障額の解説もご覧ください。

終身保険の比較

複数の終身保険を比較する場合は月額保険料の比較も大切ですが、その他に比較しないと後々後悔してしまう項目があります、という話です。

終身保険の三種類の比較項目

終身保険も定期保険と同じ死亡保険なので保障自体は単純ですが、複数社の終身保険商品を比較するのであれば
●支払保険料総額
●解約返戻金
●戻り率
を比較しなければなりません。
というのも、同じ死亡保険金で複数の終身保険を比較したときに
解約返戻金÷支払保険料総額=戻り率
が一番大きな終身保険が有利になるからです。

今は低解約返戻金型の終身保険が有利

最近の終身保険は、超低金利政策が影響して解約返戻金が大分少なくなりました。
それでも、支払保険料総額より解約返戻金が多く戻ってくる可能性がある終身保険は「低解約返戻金型」だけです。

低解約返戻金型の終身保険は、保険料支払期間中の解約返戻金が通常の終身保険より低くなる欠点はありますが、保険料の支払を完遂すれば大きな解約返戻金を望めます。
ネット上で年齢や死亡保険金などの諸条件を入力し、解約返戻金を試算できる終身保険商品は少ないので、すが、保険募集人なら専用ソフトでその試算ができます。
複数の終身保険の比較は保険の専門家に依頼するのが良いでしょう。

保険選び 収入やライフスタイルに合った保険ですか

保険の専門家が無料で教えてくれます

ゆったりした暮らしを叶える理想的なプラン

生保も損保も何回でも相談無料です

保険相談右ほけんの窓口保険相談左

定期保険の比較

複数社の定期保険を比較は、各保険会社のウェブサイトで保険料試算をすれば十分でしょう。

安い定期保険が増えました

定期保険は保障内容が単純なので、複数の生保会社の定期保険商品の比較は、同じ死亡保険金と保険期間で一番保険料が安くなる商品が一番になります。
少し前までは健康状態と喫煙状況で保険料率が変わる定期保険が安かったのですが、最近はそのような保険料の割引無しでも安くなる定期保険が登場しました。
定期保険の比較は、自分の家族を保障する期間と死亡保険金を同じ条件にした上での、月額保険料の比較、つまりコストパフォーマンスになります。

定期保険の比較を専門家に依頼すべき?

多くの定期保険商品のウェブサイトで保険料試算ができるので、定期保険の比較を保険の専門家などに相談しなくても良いと思います。
定期保険の死亡保険金は適正な金額を設定して、遺した家族が困らないようにすべきですが、適正な死亡保険金額がわからない場合は保険のプロなどに相談するのが得策です。

収入保障保険

収入保障保険は基本的に、月額○○万円などの一定額の年金を、保険期間の終わりまで支払続けてくれる死亡保険です。

収入保障保険の年金とは

ややこしいのですが、年金とは毎回同額を払い続ける保障形態とか一回に支払われる金額を言いまして、収入保障保険は月額または年額で毎回一定の年金額が支払われ続けます。
例えば、保険会社が月額10万円の年金を20年間支払続けると、10万円 x 12ヶ月 x 20年=年金の総額が2,400万円になります。

定期保険や終身保険のように、大きな保険金として年金総額の全部または一部を一括で受取ることもできますが、年金の前受けとなるので受取総額は少々少なくなります。

収入保障保険の比較は価格帯費用と設定

収入保障保険の比較は、コストパフォーマンスと細かい設定です。
最近は健康状況・喫煙歴で保険料が安くなる収入保障保険があり、また別の収入保障保険は数年毎に保険料が安くなっていく商品もあります。
細かい設定は、年金月額が1万円単位で調整できる、保険期間が豊富に用意されている、年金下限から上限が幅広い、などです。

保険相談サービスの回し者ではありませんが、収入保障保険のネット加入は、年金月額や保険期間の細かい設定ができない商品もあるので、あまりオススメできません。
できれば保険の専門家などに対面販売ができる収入保障保険を2〜3商品紹介してもらい、各社の、設定できる保険期間・年金総額・保険料総額を比較しましょう。

収入保障保険と定期保険は併用すべき?

終身保険は貯蓄の意味があるので外しますが、掛け捨ての「家族に遺す」ための死亡保険金を、収入保障保険と定期保険を併用して準備するかどうかを考える必要があります。

例えば30歳男性が、末の子供が25歳になるまでの25年間を保障するとして、必要保障額(準備すべき死亡保険金の総額)が6,000万円だとしましょう。
保険期間25年の月額保険料は(この記事を書いている時点で)

1.収入保障保険だけにする
6,000万円÷25年÷12ヶ月=月額年金20万円
Z社収入保障保険の月額年金20万円の月額保険料:約3,100円

2.定期保険だけにする
Z社定期保険の死亡保険金6,000万円の月額保険料:約8,200円

この結果を見ると、家族に遺す為の死亡保険金を収入保障保険だけで準備するのが保険料的に良いかもしれませんが、死んだ翌月から毎月20万円というのも不安です。
ある程度は大きなお金を確保しておきたいですよね。
そこでこの男性が他界したら3,000万円をすぐに受取ることができて、残りの3,000万円部分は25年間毎月10万円を受取ることにします。

3.定期保険と収入保障保険を組み合わせる
Z社定期保険の死亡保険金3,000万円の月額保険料:約4,100円
Z社収入保障保険の月額年金10万円の月額保険料:約1,800円
合計月額保険料:約5,900円

収入保障保険と定期保険は、保障の仕組みを生かして組み合わせることも考えましょう。

保険選び 更新はありませんか?値上がりませんか?

万が一があっても家族は大丈夫ですか?

医療やガンの保障は古くないですか?


近くのほけんの窓口で気軽に相談できます

専門家が必要額をシミュレーションして

希望を聞いて絞り込んでくれます

もちろん、保険の相談だけでもいいんです


お子さんを連れての保険相談も大丈夫

キッズスペースがあるので安心です


暮らしを圧迫しない、あなただけのプラン

お店の空き状況は簡単に確認できます

予約は簡単、相談は何回でも無料ですよ


保険相談右ほけんの窓口保険相談左