保険相談 どこがいい

保険相談はどこがいい?店舗・訪問・オンラインなど5種類を紹介します

保険相談はどこがいいかお悩みの貴方に、店舗・訪問・オンラインなど5種類メリット・デメリットを紹介します。

加入している保険を見直したいときや新しい保険に入るとき、人に頼らずネットで必要な保険商品を想定したり、保険料をシミュレーションする人が増えていると思います。
ですが、最近は多くの保険会社の沢山の保険商品があるので、例えば医療保険でさえ、何十社もの商品の中から自分や家族に最適な一つを選ぶ方法もわかりませんよね。
保障内容や保険料支払期間、保障が効いている期間の長さなど、何が自分や家族にとって最適なのかよくわからないことが多いのではないでしょうか。

やはり、保険を選ぶ時には保険のプロに聞いてみるのが一番です。
保険のプロはあなたや家族の話を聞きながら今加入している保険を分析、これから先に必要な保障を考えて、保障内容や保険料などができる限り理想に近くなるような保険商品の提案をしてくれます。

来店型保険ショップの相談

保険ショップは、保険の見直し相談・保険の契約解約・保険金や給付金の請求や届け出などが全て無料でできる店舗で、そこに相談者が行く相談形態です。
例えば、契約中の保険証券を持参すれば、現在どのような保障内容になっているのかを無料で教えてもらえます。
また、希望した場合は保険の見直し相談に移行しますが、相談は何回でも無料です。
保険ショップは見直しなどで保険を新規契約したときの手数料収入で運営されているので、一切の手数料や相談料を取らず無料にできるのですが、無理に保険を勧めるようなことはしません。

保険ショップのメリット

・相談も契約解約・請求などの手続きも全てが無料
・相談者が女性の場合は女性の相談員に担当してもらえる
・多くのショップはキッズスペースが併設されているので、気軽に子連れ相談が出来る
・店舗独自の高機能保険システムで、多数の保険会社の商品の組合わせ・比較・保険料総額の検討しながら選べる
・ショップによっては保険相談と一緒に家計見直し相談ができる
・保険営業やFP訪問相談より断りやすい

保険ショップのデメリット

・自ら店舗に出かける必要があるので、小さい子供を連れ出せない場合や介護が必要な家族が居る場合は相談しづらい
・店舗によっては地下街やショッピングモールなどにあり、相談中の姿が他人から丸見えになる
・直ぐ隣で相談している人達の話が聞こえてしまうくらい相談ブースの間隔が狭いショップがある
・出店はそれなりに人が多い地域や場所になる

保険ショップの上手な相談方法

保険ショップや担当者によっては提案内容が全く違うので、必ず2社以上の保険ショップで相談して自分たちに合う提案をした保険ショップで最終的な見直しをしましょう。
またどの保険相談にも言えることですが、最初の相談時に複数の保険ショップの意見を比較していることを軽く伝えておくと後で断りやすいです。

また、最近の保険ショップは、担当者が相談者の自宅や勤務先などに無料で訪問してくれる店舗が増えています。
行ってみた保険ショップが外から丸見えなど少々相談しにくい店舗であれば、最初の相談は様子見程度にして、2度目の相談は担当者に自宅に来て貰うと良いでしょう。

ネットの保険相談

来店型の保険の無料相談サービス会社などが始めた相談形態です。
チャット相談と、アプリをダウンロードする必要無くスマホやPCで担当者の顔や図表を見ながら相談できるオンライン相談があります。
ここではオンライン相談を紹介します。

ネット保険相談のメリット

・店舗に行くことに無理があるような遠距離でも相談可能で、相談を他人に見られることが無い
・保険相談自体は店舗での相談と全く変わらず何度でも無料
・保険サービス会社によっては相談者側のカメラを切ることが出来るなどの違いがある
・自動車保険などの損保、少額短期保険商品なら、オンラインのまま契約を締結できる商品が多数
・外出する必要無く、店舗相談の高機能保険システムによる保険比較・保険の組合わせ・保険料総額の検討ができる
・保険営業やFP訪問相談より断りやすい

ネット保険相談のデメリット

・PCやスマホなどのネット環境が必要
・頻繁に不安定になるネット環境は不向き
・生保商品は対面で契約する必要があるので、相談者の来店またはコンサルタントの訪問が必要

ネット保険相談の上手な使い方

ネット保険相談の上手な使い方というより注意事項です。
スマホでオンライン相談をする場合にスマホに口を近づけると、コンサルタントさんにあなたの目や鼻などのどアップ映像を送ってしまいます。
恥ずかしい映像を送らないためにも、スマホから距離を取れるように、できればスマホ用のイヤホン付きマイクなど用意を推奨します。

FPやコンサルタントによる訪問相談

店舗を持たず相談者の勤務先や自宅、相談者が指定した場所(カフェやファミリー)などに、ファイナンシャルプランナーやコンサルタントが無料で来てくれる、訪問相談専門サービスです。
(来店型の保険ショップの訪問相談サービスとは別形態です。)

保険ショップ同様、保険の相談は何回でも無料で各種手続きも全て無料ですが、一部の保険相談会社に、高い実績があるFPを有料で派遣するサービスもあります。
自宅に保険のプロが来ると保険の売りつけられる心配に対応した、失礼な言動や強引な勧誘をしたFPなどを社内的な厳罰に科す制度が用意されています。

訪問相談のメリット

・相談も手続きも無料
・指定した場所で相談できるので外出できない場合に便利
・自宅相談なら他人に聞かれたくないプライベートな話ができる
・複数社の保険を組合わせたり比較しながら選べる
・売りつけや言動の悪いFPやコンサルタントに対する罰則がある
・最低でも○年以上の経歴など、独自の選考基準を設けている
・サービス会社によっては保険の相談と一緒に家計や相続の相談も可能

訪問相談のデメリット

・訪問されると断りにくいので、自宅にコンサルタントが来ることに抵抗感がある人には不向き
・生保商品の取り扱い数は少なめで損保商品を扱っていないサービス会社が多数
・申込画面の入力項目が比較的多い
・訪問できない地域がある

訪問相談の上手な使い方

訪問相談専門サービスは、申込の数ヶ月以内に他の相談サービスで相談した場合やその予定がある場合、相談予約が出来ない場合があります。
FP(ファイナンシャルプランナー)は国家・公的資格なので、深い知識に基づいた相談ができます。FPの知識は外貨建て保険の相談に最適です。
保険の申込から保険金や給付金の支払まで全てこなしているので、保険の総合的な知識は店舗相談より上かもしれません。

保険会社の営業職

何十年もあるいは1世紀以上続いていて年間数兆円とか数千億円という売上がある大企業の社員という安心感があります。
最近の大手の主力商品は、単品保障や単品特約から自由に選んで組み立てられる総合保険商品に切り替わりました。
ですが、それらの保障内容を理解しながらを予算内で組合わせるのはかなり複雑で、ある程度理想の形に自分で組合わせるのが難しく、自社商品に詳しい営業職の知識が必要になります。

保険会社営業職のメリット

・保険の相談も手続きも契約後の手続きも無料
・大企業の社員という安心感
・連絡すれば自宅でも勤務先でも直ぐに来てくれる
・会社から最新の情報と教育が与えられている
・自社の保険商品に精通している
・自宅や会社などを定期的に訪問している熱心な社員が多い

保険会社営業職のデメリット

・自社商品の説明だけが説明販売可能なので、他社保険との比較ができない、他社保険の解約や請求もできない
・勢いに任せた営業トークで売り込む年配社員
・解約するなら、営業職を呼ぶよりコールセンターに連絡して解約用紙を取り寄せる方感情的な営業をされずに済む
・大手生保の商品は割高

保険会社営業職の上手な使い方

大手の比較的安い総合保険商品は、死亡保障や医療保障部分が定期保障(10年間とか15年間保障)か、部分的に終身保障または全く終身保障をしないことがあるので必ず確認してください。

現在加入している大手生保の保険をそのまま継続したい、あるいは、大手生保会社やその商品にこだわりがある場合は迷わず保険営業に連絡すべきです。
ですが、保険の更新で保険料が高くなる場合は、念のために保険の無料相談サービスで、複数社の格安生保商品を組合わせた場合の「保険料総額と保険期間」と比較してみましょう。

銀行窓口の保険相談

銀行で生命保険を販売していることを知らない方もいらっしゃると思いますが、多くの銀行は多数の保険会社の商品を販売しています。
目的にしている客層は主に富裕層と老後資産形成層で、用意される保険もドル建てや円建ての資産形成目的年金保険や終身保険が中心になります。
定期保険商品や収入保障保険など、子育て世代に必要な保険商品が少なかったり取扱がなかったりするので、生活感を感じない保険商品構成と言えるかもしれません。

銀行窓口のメリット

・銀行ならではの安心感
・複数社のドル建て終身保険保険商品がある
・年金保険商品も複数社から選択可能
・米ドル建て・ニュージーランドドル建て・円建てから選べる

銀行窓口のデメリット

・銀行なので保険の知識は浅め
・給与振り込み公共料金口座がある銀行は全て把握されてしまうので、他行で保険相談すべき
・資産形成目的保険商品はFPの保険相談の得意分野

銀行窓口の上手な使い方

保険会社は富裕層と老後資金形成層の顧客を開拓ができ、銀行は保険販売手数料が入るという相互利益的な物がありました。
ですが、銀行からの加入が年々微増しているものの、昨今の銀行の支店閉鎖で販売窓口は減少傾向にあるようです。
銀行窓口は、投資用生命保険を銀行で契約したいと思う方にお勧めです。